06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

じゃがいも終了! 

今日は休日出勤でした〜。

10時から14時までの仕事だったんですが、思ってたよりはうまくいったかな。

仕事が終わって帰って来たら、早速庭に出て、3月19日植え付けのじゃがいも「レッドアンデス」の収穫です!

img1397.jpg

何度かの激しい雨に打たれて倒れ、
こんなグダグダな生え方になってしまったのですが、それでもまだ黄色くなってません。

でもいい加減収穫しないと、
ナスや唐辛子、オクラ、かぼちゃあたりが巨大化してきていて、スペースが・・・。

というわけで収穫です!

まずは13号鉢の「カットせず丸ごと植え」から。

img1399.jpg

ちっちゃいのも多いけど、まあこんなもんでしょう。

次に2株植えのプランター。

img1398.jpg

大きいのもあるし、数も採れてるけど
ちっちゃいのが多いなあ・・・。

お次のプランターは、と。

img1400.jpg

うん。

こっちはまずまず。


でも、この「レッドアンデス」、数はつきますが小さい芋が多くて、満足度がやや下がります。

小ぶりなのは、このまま秋に切らずに丸ごとで植え付けるか?

秋植えじゃがいもってやったことがないので、ちょっと試してみようかな。

ちなみにもう1品種育てた「シンシア」の方が、大きいのがたくさん採れたので、来年の春植えは「シンシア」一本かなあ。

というわけで、まあまあといったところの今年のじゃがいも栽培、これにて終了〜!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

消毒&袋がけ! 

いや〜暑い!

東海地方はまだ梅雨明けしていませんが、もう梅雨明けしたかのような真夏の太陽ですね〜。

ちょっと作業すると、
Tシャツが汗でびちょびちょになります。

こんな夏空なのに、この3連休、明日が仕事なのでどこも行きません。

ま、出不精なのはいつものことなんですが・・・。

というわけで、昨日のことなんですが、
桃の袋がけをしました!

その前に、灰星病などの病気予防に薬剤散布をしておきました。

まずはひとつだけしかならなかった「嶺鳳」

img1373.jpg

途中水が足らなかったのか、表面にしわが入ってます。

あまり期待できそうにないですが、唯一なので収穫までいってほしいです。

お次は「紅清水白桃」

img1374.jpg

一部色づいてきたものもありますが・・・

img1375.jpg

ちっさ!

img1376.jpg

ならせすぎなのか、
肥大が進まずスモモサイズです(泣)

月末には収穫時期を迎える品種なのですが、一口サイズの桃となってしまいました・・・。

6つなっているのですが、3つが限度かな。

鉢植えさびしいなあ。

晩生の「桃水」

img1378.jpg

こちらは10月収穫ともっとも遅いのですが、

img1377.jpg

どうなるでしょう?

肥大してくれるでしょうか。

このあと薬剤が十分に乾いてから、袋がけです。

img1393.jpg

もう少し肥大してからかけるつもりの「桃水」をのぞき、「嶺鳳」「紅清水白桃」だけかけました。

完熟の桃は、家庭菜園でしか味わえない極上の味ですから、なんとか収穫したいものです。

ほんっと売ってる桃が食べられなくなりますから(笑)

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今年は絶好調! 

いただいたコメントを読むと、雨がしばらく降ってない地域もあるようで。

自分のところが毎日のように降って、ニュースでは水害が多いので、日本全国どこも梅雨前線が活発なのかと思ってました。

仕事だったので直接見てませんが、多治見は今日も短時間に強い雨がザッと降ったようです。

じゃがいもが腐ってないか心配・・・。

さて我が家の果樹ですが、柿は前年並み、ぶどうは品種によって波があり、キウイは1株ならず、柑橘はいい感じ、とそれぞれ差はあるのですが、その中で
すべての株が絶好調!なのがいちじくです。

うちではいちばん古株の「桝井ドーフィン」は、夏果がつかなかったものの、
こんな感じで鈴なりになっています。

img1365.jpg

ちょっと実がつきすぎかな。

あまりたくさんならせると、ひとつひとつが小さくなってしまうので、摘果したほうがいいかも・・・。

img1367.jpg

とりあえず明日追肥しとこうっと。

こちらは去年初収穫だった「バナーネ」

こちらも夏果は少なかったんですが、秋果ががんばってなってくれてます。

img1368.jpg

夏果はちょっと黄色くなってきました!

img1369.jpg

こやつにも追肥しとかにゃ。

そしてこれも2回目の収穫となる秋果専用種の「ノアールドシュクレ」

img1370.jpg

横に広がっちゃったので、アスパラの茂みに枝を突っ込ませてあります(笑)

これが我が家ではいちばん小粒の実がなります。

甘さが濃すぎてくどいぐらいなので、
私はあまり好きじゃないのですが(笑)
ヨメは大好き
なようですので、これだけなったら喜んでくれることでしょう。

img1372.jpg

これだけなったらジャム作りもできそうかな?

今年はいちじくが当たり年のようですから、
思いっきり堪能しますよ〜!
いちじく  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

あれ?ズッキーニって・・・? 

昨日は夜土砂降りの雨が降り、JR中央線はストップしておりました。

春日井に住むヨメの同僚は、
電車が深夜3時まで動かず、うちに帰ったら4時だったそうです。

かわいそうに・・・。

ほんとこのゲリラ豪雨、勘弁して欲しいもんです。

昔の夕立、っていう程度の雨でおさまってくれませんかね〜。

さて、6月6日を最後に、第1弾ズッキーニは撤収していましたが、その3日前に、第2弾の種まきをしておりました。

第1弾で好調だった「ダイナー」と、あんまり採れなかった「ストリアート」・・・

img1104.jpg

ポピュラーなタイプの「サルツァーナ」、それからUFOズッキーニとの呼び方もある「カスタードホワイト」の4種類を2株ずつ栽培です。

気温が上がって、ズッキーニにはいい環境と思いきや、
他の夏野菜が茂りすぎて日当たりが・・・。

置いてある場所の差がモロに出てしまいました。

いちばん日当たりが悪い方からいきますと(性格出ますねー笑)「ストリアート」

IMG_0828.jpg

見るからに細っこくてイマイチな感じ。

続いて玄関ポーチに置いている手前「カスタードホワイト」と

IMG_0823.jpg

その奥の白い模様が入っている葉は「バターナッツカボチャ」で、その陰になってしまった「サルツァーナ」

IMG_0827.jpg

やはり、やや貧弱な感じです。

「カスタードホワート」はまずまずいい感じで成長していると思いますが、こいつは低い場所で成長する他のズッキーニと違い、けっこう上に伸びます。

img1343.jpg

こういう伸び方のズッキーニは初めて見ました。

まだ花は咲いていませんので、どんな風に咲くのか、今後が楽しみです。

そして一番元気なのが、当たり前ですがいちばん日当たりのいいところにある「ダイナー」です。

img1323.jpg

カメラを覗いてみて気がついた!

ウリハムシがいる!というわけで即捕殺〜。

で、こやつは数日前に花を咲かせたのですが、雌花だけ。

頼るべき他のズッキーニはまだ花なんて咲くところまで成長していない、はずなのに・・・。

IMG_0831.jpg

なんで?

なってる!


間違いなく雄花は咲いてないんですよ〜!

ズッキーニって受粉しないとならないんじゃないの?

中がちゃんとなってないのか?と思いながらも収穫して食べてみたら、ちゃんとズッキーニでした。

なんか腑に落ちませんが・・・。

と思ってググってみたら、見つけました!

「ズッキーニは、キュウリなどと同じで単為結果性(雌花が雄花の花粉を受けなくても実がなる性質)がカボチャやスイカなどよりも高いので、人工授粉等をしなくても実がつくことがあります。」(JA鳥取いなばのHPより転載)

なるほど!

勉強になりました!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

ズッキーニ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

初子苗作り開始! 

いちごを育てて4〜5年になるでしょうか。

このぐらいの時期になると伸びてくるランナー、常に切って捨ててました。

でも・・・

いちごの苗って、けっこうな値段がします。


1株300円として、我が家は9株ですから2700円!

スーパーでパックに入ったいちごだと8−9パックは買えることになりますが、そんなに採れてる気はしません。

これはもちろん私の育てかたの問題でもありますが、
我が家でコスパが悪いものの一つとなっています。

というわけで、今年はいっちょ子苗作りに挑戦してみよか!と思った次第。

とはいえ、そう思ってからけっこう時間が経ったので、白イチゴの「エンジェルエイト」のランナーはここまで伸びています。

img1351.jpg

1株からこれだけのランナーの数は多すぎて、このままだと養分が分散してしまうので、細いのはカットして3本に減らしました。

いちばん成長の速いものは、花まで咲いちゃってます!

img1352.jpg

さすがにここで実らすわけにはいきませんので、これは摘みました。

なんでも子苗は、親株のウイルスなどを引き継いでしまう可能性が高いということで、子苗はいずれ処分し、孫苗からの育苗となります。

そのままだとポットからすぐに外れてしまうので、針金を曲げて活着するように留めます。

img1354.jpg

せっかく育苗する気になったのですから、来年は苗の購入はせず、
すべて我が家苗で収穫を目指すとしましょうか!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

いちご  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top