07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

秋茄子、収穫開始! 

♪写真をクリックすると大きくなります(横のは2回クリックでさらに大きく!)ので、よかったらぜひ♪


本日2本目のアップは、絶好調の茄子達の様子です。

まずは8月1日に更新剪定をした茄子の初収穫、じゃじゃん!

IMG_69182.jpg

どうです?なかなかキレイなのが採れましたよ〜!

しかもガンガン実をつけていて、勢いがあります。

IMG_69192.jpg

そして今回は、更新剪定していない株も、土に空気穴をたくさん開けたせいか、絶好調なんです〜。

IMG_69162.jpg

更新剪定した1本をのぞき、しなかった3株で今日は9本も採れました〜。

しかもどれもツヤツヤのピカピカで柔らかいです!

IMG_69292.jpg

じゃあ更新剪定する必要ないやん!という声もあるでしょう。

実際、2本仕立てで、収穫した茄子の上の枝を剪定していく、更新剪定なしのやり方が雑誌にも載っていますし、それだと更新剪定して収穫できない期間がないのでトータルでは収量も多い、ということです。

どっちがいいかというと、答えは・・・まあ気分でいいんじゃないでしょうか(笑)

更新剪定する場合は3本仕立てでスタートしますが、その分初期の収量が多いですし、少ない株数(今年は6株)で育てなければならないウチのような庭栽培だとありがたいです。

そして樹勢の落ちたものを、時期をずらして更新剪定していけば、収量の落ち込みは最低限ですみます。

そして1か月で今回ほど樹勢を回復できれば、十分ではないでしょうか。

今回は剪定しなかった株も、どうしたことか樹勢がまったく衰えなかった、という幸運にも恵まれましたが・・・。

なにせ、背の高さも、目線に合わせて撮った写真だと、これぐらいの見上げる感じになります。

IMG_69172.jpg

今回、剪定なしでこれだけうまくいった要因は、元の苗がよかったこともあるでしょうが

1、肥料を切らさず、途中化成肥料だけでなく、液肥やようりんなども追加したこと
2、空気穴を開けたこと
3、土量が減った時に、土を追加したこと
4、葉水をかけて、チャノホコリダニの被害を出さないようにしたこと

が考えられます。

来年も同じやり方で成功した時、効果的な育成方法が身についたことになりますので、来年も試してみます。

とにかく我が家の茄子「黒陽」「筑陽」、絶好調です!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

なす  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメント

うしぇしぇさん おはようございまーす♪

キレイで元気なナス
いいな~~
追肥? 多分足りてない。
空気穴? 畝栽培でも必要か?
葉水を掛けるのは、先日教えてもらったから、あれからやってる~
秋ナスは、何とか成功させたいね~
成功しすぎても困るかな~
なかなか撤収できないから・・・

URL | らうっち #OJcX6QBc

2016/08/28 11:39 * edit *

らうっちさん、こんばんは!

いいでしょ〜(笑)
今回、我ながらほんといい茄子が採れています。

空気穴は、畝栽培をやったことないのでわかりませんが、
プランターは根詰まりするので、それ対策のためにしています。
畝も間隔が狭かったりすれば、してみてもよさそうですが、どうでしょう?

そうなんです。
秋冬野菜が控えているので、粘っても困るのですが・・・ただ茄子は好物なので
他の夏野菜より多めに見ています(笑)

URL | うしぇしぇ #-

2016/08/28 20:36 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takataka7474.blog.fc2.com/tb.php/998-6a3add18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top