07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

摘果しました。 

気温が高くなり、桃の成長速度が上がっています。

00000393.jpg

左8号鉢の「なつおとめ」、右10号鉢の「桃水」

元の高さが違うので、大きさが違いますが、どちらも冬までは棒苗でしたから、ずいぶん新梢が伸びました。

来月には、主枝を決めて摘心ですね〜。

花を咲かせた「紅清水白桃」と「嶺峰」は、結実しています。

こちらは10号鉢の「紅清水白桃」

00000391.jpg

8号鉢の「嶺峰」

00000390.jpg

どちらも、片側ばかり成長が偏ります。

これって桃の習性なのでしょうか?

さて、結実した果実は、そのままでは多すぎて、蓄えていた養分を消費して樹勢が衰えてしまうので、数を減らします。

特にうちの桃は、まだ幼木ですので、余計に負担を減らさねばなりません。

ちょっと触っただけで、ポロッととれてしまうものもあるので、まずそれを取り、そのあとこの写真の右のように上向きのものを摘果していきます。

00000392.jpg

だいたい一枝一果ぐらいになるように摘果しておきました。

葉数の目安は、20〜25枚で一果、次回の摘果は5月下旬が目安だそうです。

00000389.jpg

そのあと、この写真のように、実の周りの花殻を取って、清潔にします。

こういうのを残しておくと、病気の原因になるんだそうです。

6月にジューンドロップという生理落果が多いようですが、さて、我が家の桃は、いつ頃まで枝に残っているでしょう。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takataka7474.blog.fc2.com/tb.php/662-7a08e0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top