07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

抑制栽培5.5勝3敗! 

今日はひさ〜〜しぶりに雲のない青空の休日となりました!

だからと言ってどこに行くわけでもなく、しまう夏のフトンを干したり、仕事用の冬用の服を出したり、と1日中家にいました(笑)

不健全ですね〜。

でも庭で野菜見ながら日光浴してたので、人混みに出てストレス感じるよりも、精神衛生上はとてもよかったと思います。

さて、8月22日に発芽した、とうもろこしの「おおもの」ですが、見た感じも触った感じもだいぶ張ってきました。

img0087.jpg

9月の雄花の開花時にちょうど雨続きとなったので、どれぐらい受粉できているか、正直自信がありませんでしたが、この張り具合だと受粉できたものもありそうで、期待もふくらんできます。

どれどれ・・・

img0089.jpg

いけてた!

それでもやっぱり受粉できてなくて、実が入っていないものもあり、また虫に入り込まれていたものもありました。

img0090.jpg

こいつらいつも思うんですが、自分のクソにまみれて、なんとも思わないんですかね〜。

話がそれましたが、9株のとうもろこしで、収穫できたのがコチラ!

img0091.jpg

6本ですが、ひとつは半分ぐらいしか実が入っていなかったので、5、5本といったところでしょうか。

でも今回のことから、雨続きであっても受粉は十分可能
ということがわかりました。

ほとんど毎日のように雨が降っていた時期が、雄穂から花粉が出ていた時期と重なっていましたし、時にはゲリラ豪雨のように激しい雨の日もありましたから、そこで流れてしまうようなら、収穫までいかなかったと思います。

第一弾の失敗のように「雄穂と雌穂のタイミングが合わないと、さすがに収穫は無理」ですが、今回のように「雨なら十分収穫は可能」と言えそうです。

さて収穫の方に戻って、さっそく糖度を計ると、
さすが抑制栽培!

img0092.jpg

15度から18度でかなり甘いとされるとうもろこしで、この糖度は
「晩秋に採るとうもろこしは本当に甘い」
と書いてあった雑誌の記事通りの出来でした。

時間がたつとどんどん品質が低下するというとうもろこしですので、手早く料理して、遅い朝食に並べました。

オーソドックスに茹でたものを1本と、焼きとうもろこしに〜

img0093.jpg

居酒屋で食べて以来、これを作るために育てていたと言っても過言ではない
とうもろこしのかき揚げ〜!

img0100.jpg

でも衣の加減がうまくいかず、途中で厚くしたり、玉ねぎを混ぜたり、バラバラな出来です。

でも、塩で食べると、とうもろこしの甘さが引き立って、サイコーに美味しかったです!

今年のとうもろこし栽培、夏の失敗をなんとか取り返して終了〜です!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

とうもろこし  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメント

うまそ~

うしぇしぇさん おひさ~

あまりに美味しそうなトウモロコシに釣られてコメしちゃいました。
この時期に収穫できる品種もあるんですね~
しかも糖度も20度越えとは!!!
また 来ますね~~~

URL | kazu-kun #-

2016/11/12 16:28 * edit *

kazu-kunさん、こんにちは!

ええ、美味しかったんです!(笑)
その前の7月蒔きはイマイチどころかイマサンぐらいのできだったのですが
今回はなかなかでした。でも6割なんですよね〜。

品種は普通のやつなんですが、抑制栽培(つまり夏蒔き秋収穫)に
するだけのことなんです。大きさは小ぶりなんですが、でも、甘さは
ほんと格別です。来年お試しあれ!

URL | うしぇしぇ #-

2016/11/12 18:23 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takataka7474.blog.fc2.com/tb.php/1064-ac52d1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top