07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

世にも奇妙な物語〜筆柿編〜 

それは、ひんやりとした風が吹き、何か羽織らないと寒いな、と感じるようになった昨日の夕刻のことでした。

いつものように庭の野菜や果樹の世話をしていると、ほんのり色づき始めた「甘百匁」の姿が、ふと目にとまりました。

IMG_74242.jpg

「収穫は11月から12月にかけてか。柿は紅葉も美しいし、そもそも初収穫だし、どんな味がするか楽しみだ。」

そう思いながら、奥の方に目を移すと、そこにはすでに橙色に着色した「筆柿」がありました。

IMG_74252.jpg

「ずいぶん濃い色になったなあ。何か収穫適期の目印のようなものはあるんだろうか。」

その美しい色に満足しながらも、なにしろこれまで自分で柿を収穫したことがないので、どのタイミングで収穫したらいいのかがわからないのです。

「品種的にはそろそろ収穫なのだが。」

と、7つ着果しているうちの一つを手に取ると、黒ずんでいるところがあることに気がつきました。

IMG_74272.jpg

「どうやら食害された跡が傷んだようだな。カメムシあたりかな。でも、試し採りするにはいいかも。」

ハサミで枝から切り落とし、今晩食べてみようと思いましたが、気がかりなのは「筆柿」が「不完全甘柿」であることでした。

「不完全甘柿」というのは、受粉すれば甘柿になるが、きちんと受粉しないと種の入っていない実ができ、渋柿になってしまう品種のことです。

今年は、さっきの「甘百匁」もこの「筆柿」も、雄花がまったくつかず、受粉が望めるような環境ではなかったことから、きっと渋柿ばかりだろうと考えていたのでした。

とりあえず試食をしてみて、渋柿だったら残った柿はアルコールにつけて保存し、甘くしなくてはいけません。

「ゴメン!渋柿だと思うけど、試食してみたいから、コレあとで剥いてくれる?」

普通なら
「朝の果物は金、昼の果物は銀、夜の果物は鉛」
ということばを意識して、夜に果物を食べることはないのだが、この日は「いったいどんな味がするのだろう。」という好奇心が勝ち、食べることにしたのだが、これが異変の始まりであった。

食事の皿が片付けられ、果物用の小皿に載せられた「筆柿」を見た瞬間、我が目を疑った。

そこにあったものは、予想したものとまったく違う、しっかり種の入った「筆柿」であった。

IMG_74282.jpg

「あれ?こんなはずはないのに・・・。まさか・・・。」

目の前にあるものが信じられないながらも、おそるおそる一口食べてみると・・・

「甘い!」

どうしたことか、渋柿どころか甘い柿を食べている自分が、なにか狐につままれたような感覚であった。

家から少し離れた団地の斜面に、柿が植えられてはいるが、まさかその花粉が風に乗ってきて受粉したということはありうるだろうか。

釈然としないまま、でも甘い柿に舌鼓を打つ、うしぇしぇであった。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

コメント

うしぇしぇさん こんにちはー♪

よかったじゃん♪
渋柿覚悟で味見するつもりだったんでしょ~
それとも、種がなかったら食べなかった?
とにもかくにも、口福できてよかったね♪
うちの柿も、今週末あたりが収穫時かな~と見てます。

URL | らうっち #OJcX6QBc

2016/10/11 16:36 * edit *

受粉樹は百匁柿?

>家から少し離れた団地の斜面に、柿が植えられてはいるが、まさかその花粉が風に乗ってきて受粉したということはありうるだろうか。

〇記事拝見しました(笑)。
 私の経験では、受粉樹は隣の百匁柿じゃないでしょうか。
 また、食われた跡は、甘いので食われた可能性も!
 草々

URL | ささげくん #-

2016/10/12 01:58 * edit *

らうっちさん、こんばんは!

渋柿ってどんな味か、っていうのにも興味があったので
種がなくても食べてみようとは思っていましたが、まさかまさかでした。

まだまだわからないことが多いです。奥が深いですね。
ま、生きてるものが相手ですから、当たり前なんでしょうけどね。

らうっちさんのところの柿は、今年表年でしたっけ?
飽きるほど食べられそうでうらやましいです!

URL | うしぇしぇ #-

2016/10/12 21:38 * edit *

ささげくんさん、こんばんは!

いえ、隣の甘百匁も雄花が咲かなかったんです。
ですので、すっかりあきらめていたんですが、いい意味で
裏切られた感じです。
って言いつつ、残りが渋柿だったらどうしよう(笑)

ほんっとまだまだわからないことが多くて、だからこそ飽きなくて
面白いんですけどね〜。

URL | うしぇしぇ #-

2016/10/12 21:40 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://takataka7474.blog.fc2.com/tb.php/1044-05fb4a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top