03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

タネを蒔きました! 

今日は朝から良い天気でした〜。

絶好のお出かけ日和でしたが、先週がんばって、
3日続けて往復6kmのジョギングをしたら、
股関節が痛くなって、長時間歩くと痛いです〜。

ちょっと頑張りすぎちゃいました、というか、歳はとりたくないなと。

若い時はこんなことは絶対になかったのに
情けない限りです。

でも庭仕事はがんばりますよ〜。

今日はトマトの種まきです!

今年のトマト、苗は5月上旬着でミニトマト8株、大玉4株はすでに購入済みです。

しかし、プランター栽培だと、例年8月ごろにはかなり上の方まで収穫が進み、だんだん品質も悪くなって終了してしまいます。

そこで今年は、自家製苗を第2弾トマトとして育てて、
4月蒔き6月定植にすれば、
8月からの収穫につなげられるのでは!、と考えた次第です。

またこの時期なら気温も上がっていて、発芽しないとかの失敗も少ないだろう、という狙いもあります。

というわけで、蒔くことにしたのはこの3品種〜!

img0653.jpg

左から緑の縞模様の「グリーンゼブラ」、クラシックなトマトソースの「サンマルツァーノ2」、形がデコボコしてる「コストルート フィオレンティーノ」です。

このあたり、ちょっとホームセンターでは売っていないだろうと思われるものを選びました。

これも自家製苗を育てる醍醐味です!

裏の説明書きを見ると・・・

img0654.jpg

真ん中の「サンマルツァーノ2」が中玉で、
他の二つが大玉
のようです。

とりあえず、セルポットに1箇所2−4粒タネをまきます。

img0656.jpg

このあたりは適当です。

img0655.jpg

この6×6のセルトレイにそれぞれ2列ずつ12セルずつ蒔き、
部屋のビニールハウスのパネルヒーターの上に設置し、
日中は発芽温度の25ー30度、
夜間は15度をキープ
します。

実はトマトをタネから育てるのは初めてです。

3月にまいた、同じナス科の「カイエンペッパー」が発芽しているので、なんとかうまくいけるのではないか、と考えています。

残暑厳しい9月も、自家製トマトが
食べられますように!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

トマト  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top