02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

本葉が出だした! 

春のセンバツに21世紀枠で出場した、岐阜県立多治見高校。

まだ多治見に住み始めて5年なので、それほど思い入れはありませんでした。

だいたいどこにあるかも知らず、出場が決まってからどこにあるのか検索して知ったぐらいなので(笑)

しかし、報徳には勝てないだろうとは思ってましたが、
まさか21点も取られて負けるとは!

21世紀枠での史上最多失点だそうで、
ある意味名前を残したと言えるでしょうが、う〜ん・・・。

もう21世紀枠なんて止めればいいのにと思っています。

さて、3月4日に10ポットにタネを蒔いたズッキーニ3品種ですが、2ポット発芽しなかったものの、あとは順調に育っています。

今回育苗するにあたって、
一番の目標が「徒長させないこと」です。

これまで苗作りが苦手で、徒長させないように気をつけていても、あっという間に徒長してしまう、というのが今までのパターンでした。

その原因は「夜間の水やり」だと思っていたのですが、いろいろ調べたら、どうもそうではないとわかってきました。

参考になったのはタキイのサイトの「山田式家庭菜園教室」のページです。

これによると、徒長の原因は、

1、密植による株同士の競い合い・・・ふんふん、これは知ってたぞ。

2、高温と加湿・・・これが夜間の水やりによる徒長につながるんじゃあ?

ところが、「同じ量の水やりをしても、夜温を低く管理すると、徒長は起こらない」んだそうです。

しかも、「水やりを控えて徒長を防ぐことは(中略)よい素質の苗にならない」!!

無知というのはまったく怖ろしいもので・・・。

そういえば「生兵法は怪我の元」なんてことばもありましたね(笑)

というわけで、
昼25度前後、夜15−18度の温度管理が目標となりました。

夜は部屋に設置したミニ温室、昼はプランターにセットしたプラスチックのドームで育苗しています。

img0574.jpg

風が強いので、飛ばないように重石をのっけています(笑)

これでいくと、夜間は10度ぐらいに下がることもあるものの、まずまず目標通りにいっています。

そして今の様子がこちら!

img0603.jpg

やった!

徒長せずにここまで成長しています!

そして本葉が顔を出し始めています。

img0602.jpg

このまま育苗を続け、本葉4−5枚で定植する予定です。

せっかくいいスタートが切れたので、この8ポット、収穫までがんばるぞ〜!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

ズッキーニ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top