04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

あれ?何これ? 

今のところ「ホッカイコガネ」は順調に育っています。

IMG_60991.jpg

一番手前の株のように、増し土したときに、埋められてしまった枝は黄色くなってしまったりしているものもありますが、きれいな葉のままで来ています。

昨年、一昨年は、収穫はできたものの、途中で疫病のように枯れたものもあったので、雨が増え、気温が上がってくるこれからが
心配ではあるものの、期待できそうな雰囲気です。

ちょっと背が高くて徒長してるのかと思ったら、ホッカイコガネは背が高くなる品種らしく、安心しました。

また、今年はどうしたことか、ここまでテントウムシダマシやヨトウムシの被害が皆無です。

これもこれからなのかな〜。

さて、そんなジャガイモをながめていたら・・・こんなものを見つけました!

IMG_60701.jpg

実がなってる!

IMG_60711.jpg

例年花は咲いても、ポロッと花ごと落ちてしまうのが普通だったのに〜。

じゃがいもの実なんて初めて見ました!

皆さんはけっこう見られているんですかね〜。

本当の(?)じゃがいもの実が肥大するためには、このまま生らせておくと栄養が取られてしまい邪魔なのかと思いましたが、ネットで調べてみると、「フルーツトマトみたいで美味しい」という記事を見つけましたので、せっかくだしいくつかは切ってしまい、いくつかは残してみることにしました。

そういえばトマトもジャガイモもナス科ですもんね。

新しく、小さな楽しみができました!

そうそう、先日にんにくのプランターに紫蘇が育っていましたが、じゃがいものプランターでも1株育っていました。

IMG_60791.jpg

こちらも楽しみの一つです。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

あああ!やってもうた〜! 

ここまで順調にきていて、こりゃ今年は収穫間違いない!と思っていたモモたちですが、落とし穴が待っていました。

IMG_61081.jpg

先週、こんな感じで、葉の周りが茶色くなっていたのを発見したのが、悪夢の始まりでした。

「桃 病気」でググってみても、似たような症状はヒットせず、原因がわかりませんでした。

IMG_61031.jpg

その後、このように落葉している葉を目にするようになり、「なんだなんだ」とうろたえ始めたときには、もうすごい数の葉が落ちてしまいました。

IMG_61071.jpg

こちらは「紅清水白桃」ですが、今日現在、実を見ようとすると、葉をめくらねばならないほど密生していた葉のついていた枝が、こんなにスカスカです。

こちらの「嶺鳳」も、枝の付け根にいくほど、葉が落ちてしまっています。

IMG_61041.jpg

原因は・・・「水切れ」でした。

桃は乾燥気味に育てる、というのは、どのサイトや本を見ても書かれていることですが、それを意識しすぎたようです。

この時期、10号鉢でこれだけ葉がついていると、2〜3日に一回では不足で、毎日やったほうがよかったようです。

病気ではなく、「自爆」だったわけですね・・・。

がっくりです。

一方、こちらの「桃水」と実をつけていない「白麗」だけは、ほとんど葉が落ちなかったので、そこは不思議なのですが。

IMG_61061.jpg

というわけで、実の肥大には葉数は欠かせませんから(桃は1果あたり20−30枚)、これは今後の生育にとって、かなりのダメージになることは必至です。

現在の実の数が、「紅清水白桃」「嶺鳳」「桃水」で5・1・5個ですが、来月の生理落果が怖いです。

早すぎる摘果、また早めの袋がけは生理落果を招きやすい、というのがあるので、袋がけも控え、今晩の雨に備えて、昨日は病気予防にジマンダイセンも散布しました。

自家栽培の桃、味わえますように!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

収穫しました! 

昨日は酔っぱらって帰ってきて、それでもぶどうのジベ処理の記事をアップしたのですが、0時過ぎてしまったようで、したがって17時間経過していますが、本日2本目のアップです(笑)

今週、にんにくが急に枯れてきた感がありました。

いつもの病気の枯れ方とは違う感じで、株全体の色が薄く黄色くなってきた感じで、いよいよ収穫かな、と思わせるものでした。

IMG_60941.jpg

ここからもう1週間粘ってもよかったのですが、来週はプランターをできるだけ隅に寄せて、外壁塗装のために場所を空けなければなりません。

そうなると狭くなるスペースの日当たりがいい場所は、夏野菜が優先ですので、5つあるプランターは邪魔になってしまいます。

というわけで「ホワイト6片福地」収穫です!

IMG_60961.jpg

上は大きい玉、下は小さい玉と、やはり病気にかかったせいもあり、大きさは揃いませんでした。

また60個植え付けして、収穫は43球と、発芽しなかったものや途中病気の株を撤収したこともあり、あまりいい成績ではありませんでした。

この秋は、「農業大学8期生の畑だよ〜ん」のsiyou101さんに教えていただいたように、植え付けの時期をもっと遅くして、病気の防除に努めたいと思います。

大きいやつは、こんなに大きいのも採れたので、このままでは悔しすぎます。

IMG_60971.jpg

きっと来年こそは、こんな大きさのをゴロゴロ採ってやる!

おまけですが、にんにくのプランターからこぼれ種でしょう、一本だけ紫蘇が生えてきて、ニンニク効果で虫もつかず、しっかりした株に育っていました。

IMG_60221.jpg

外壁塗装終了後、別の場所に移転させます。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

にんにく  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

1回目ジベ処理。 

ぶどうの花が満開を迎えています!

IMG_60621.jpg

花穂がひとつも出なかった「シャインマスカット」を除き、「シナノスマイル」「高妻」「オリエンタルスター」「藤稔」が時期を同じくして満開なのは、なんかうれしくなってきちゃいます。

もう1種類、好奇心いっぱいで育て始めた「ネヘレスコール」の花穂は、まるで線香花火のように見えます。

IMG_60601.jpg

ネヘレスコール以外の品種は、巨峰系の4倍体ですので、満開後にジベレリン処理を行い、粒の肥大と種無し化を図ります。

IMG_60891.jpg

本当は昨日やりたかったのですが、雨の予報だったので、今朝早起きしてやったのでした。

現在の鉢植えの様子ですが、「藤稔」は樹勢もちょうどいい感じで、変な伸び方をしている枝はありません。

IMG_60811.jpg

トレリス仕立ての「シナノスマイル」は、今回下の方の新梢を、誘引しようとして折ってしまったり、狙い通りに伸びなかったりで、あまり形がよくないです。

IMG_60821.jpg

明日は、べと病防止のために「ジマンダイセン」を散布するつもりです。

さて、今年は何房のぶどうを味わえるでしょうか!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

ぶどう  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

大物採れた〜! 

本日2本目のアップです!

極早生種の消費がまだなので、葉が倒伏しているのにしばらく放置していた早生種の「知多早生3号」

「貯蔵がきかないので流通しないが、愛知県の地元でのみつくられていた高い糖度の幻の玉ねぎ」というのがウリでした。

IMG_60391.jpg

先週掘り起こしておいたのを取り込みました。

IMG_60421.jpg

今回こんな途中で分割している玉がありました。

IMG_60401.jpg

IMG_60801.jpg

こんなのが採れるのも家庭菜園ならでは、でしょうか(笑)

原因はなんなんでしょうかね〜?

そして今回は放置していたこともあり、肥大が進んで大玉になったものもありました。

IMG_60861.jpg

さっそく輪切りにしてオーブントースターで素焼きにしていただきましたが、やっぱり甘かった〜!

IMG_60871.jpg

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

たまねぎ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

どんな味? 

雌花しか咲かず、雄花なんかどこにも見当たらなかった「筆柿」と「甘百匁」

ですので水をやる以外、放置してたんです。

なのに結実してる!

IMG_60521.jpg

なんで?と思って調べたら、雄花なしでも結実するものなんですってね。

知りませんでした〜!

ただし、どちらも不完全甘柿なので、受粉しないと甘柿にはならず、ゆえに結実したのはおそらく渋柿であろうと。

渋柿って、渋が抜けると甘柿よりも甘くなる、という記載があるサイトもあったのですが、本当なのかな。

渋を抜いた柿を「さわし柿」というらしいのですが、そのようなものは食べたことがないので、まったくわかりません。

ちなみにわたくし、「干し柿」はあのねっとりした食感と、あの甘さは苦手ですので、ほとんど食べません。

まあもともと雄花がつかなかった時点で今年は諦めてた柿ですから、あまり高望みはしないでおきます。

今日は、木に負担をかけないよう、「枝一本につき一果」で摘果しました。

もうひとつ、「筆柿」の葉やがくのふちが黒くなっています。

IMG_60541.jpg

ピントが合ってないのですが、この症状ってなんでしょう。

「柿 病気」でググっても、あてはまりそうなのがないんですよね。

今晩は雨の予報なので、とりあえず週末薬剤散布の予定です。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

スイカ苗定植。 

今までプランターで育てていたのですが、味はまあまあ満足できるものが採れたものの、目標の半分ぐらいの個数しか収穫ができなかったので、今年は、スナップえんどうを撤収した花壇で育ててみることにしました。

そして折角ですから大玉で、ということで「タヒチ」という品種の苗を2株だけ購入し、植え付けました。

IMG_60341.jpg

すでに本葉が5枚出ていたので、摘芯して子づるの発生を促します。

また病気予防のために、藁を敷いて作業完了、と安心していたら、翌日、6月2週目から外壁塗装をしてもらう業者の方が来て「外溝も塗装するので、外溝の手前も10センチほど掘りますよ」とおっしゃる。

おまけにその掘り返しや塗装のために、花壇にも足を踏み入れると。

あちゃ〜。どうしようかな・・・。

せっかく植え付けたけど、プランターに移植して、作業が終わったらまた戻すか。

でもウリ科の根って弱くて、移植に向かないんじゃなかったけなあ。

あるいは、その時期ならまだそんなに根を張ってないことに賭けるか。

危険だよなあ。

う〜ん。悩む〜。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

すいか  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

購入苗植え付け。 

本日2本目のアップです。

例年「鷹の爪」を2株育てているのですが、唐辛子の消費が多い我が家ゆえ、毎年今頃になるとストックが寂しくなってきます。

そこで今年は品種も株数も増やして、ふんだんに使えるように育てることにし、楽天で見つけた「とんがらしの芥川」という店で、3種6株購入しました。

IMG_60461.jpg

プランター1つに2株ずつ植えましたが、ピーマンだろうがシシトウだろうが唐辛子だろうが、苗段階ではどれ見ても同じ。

まして唐辛子の中で品種の違いなんてわかるはずもありません。

なので、ラベルをつけときましたが、今回は定番の「鷹の爪」と、古い日本の原種に限りなく近いという品種「本鷹」、ヨーロッパで主流の「カイエンペッパー」を選びました。

今は並べて置いているのですが、「とうがらしは交雑しやすい」とのことなので、蕾がついたら全然別の場所に離して置こうと思います。

初めての品種だし、楽しみ〜!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

とうがらし  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

最終間引き。 

前回、1箇所2本立ちに間引いた「半白節成」ですが、だいぶ大きくなってきました。

IMG_60441_2016052218291756c.jpg

そこで今回は1箇所1本立ちにしました。

IMG_60451_20160522182919b0b.jpg

できるだけ節間の詰まっている方を残すようにしましたが、一番手前のは、ちょっと虫に喰われていたりします。

そろそろウリハムシの姿も見かけるようになり、やられるまでにもうちょっと大きくなってほしいと思っています。

このあとの管理としては、5節目までは脇芽をすべてかき取り、親蔓の成長を促進させ、その後子蔓を伸ばすようにします。

おっと支柱とネットも忘れないようにしないと!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

きゅうり  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

人工授粉part2 

雄木「孫悟空」の開花が早く、雌木「ジャンボイエロー」とタイミングが合わなかったキウイフルーツですが、1週間目に「とぅちゃんのおいしい庭づくり」のとぅちゃんさんに教えていただいた、「花粉の冷凍保存」をやってみました!

IMG_60241.jpg

小袋に入れて冷凍庫に入れておき、ようやく昨日咲いた「ジャンボイエロー」の花に人工受粉しました。

IMG_60261.jpg

うまく受粉できたかな〜。

一方、先週人工授粉した「アップルキウイ」の方は・・・

IMG_60281.jpg

キウイは初めて育てるのでよくわからないのですが、着果を期待させるふくらみ〜。

落果しちゃうのかな〜。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

キウイフルーツ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

スナップえんどう終了〜。 

先週すでに半分撤収していましたが、残りの半分を撤収しました。

IMG_59831.jpg

見上げるほど伸びていたのですが、だいぶ花が咲かなくなっていました。

IMG_60231.jpg

この量を、何回収穫したかな。

5回?6回?忘れましたが、方々へおすそ分けもでき、十分に堪能しました。

また、同じ場所で3年目となりましたが、連作障害による病気や不作とは、まったく無縁でした!

植え付けました! 

今年も「土佐大生姜」を植え付けました。

芽出しのために、3月30日にプランターに植えて、部屋に置いておき、時折水をかけるぐらいだったのですが、ちゃんと芽と根が出ていました。

IMG_59931.jpg

4月の中旬に、石灰や牛糞堆肥、腐葉土を入れて、花壇の土は作ってありました。

しかし気になるのは、生姜は連作障害があるのかないのか。

ネットで調べても、ある、というところもあれば、ない、というところもあり、正直よくわかりませんでした。

でも庭の中の限られたスペースしかありませんので、やるしかないのですが、できるだけ防ぐための手段ということで、何度か土を混ぜ返して空気を入れたり、堆肥や腐葉土を混ぜ込んだりして、土壌改良になるようにはしたつもりです。

IMG_59941.jpg

こんな感じで3列にセットして、土をかけて作業終了です。

IMG_59971.jpg

根生姜は、10月から11月に収穫時期を迎えますので、約半年間の栽培期間です。

次の作業は、草丈が15センチぐらいになったときの株元への追肥です。

そこまでいくのに、けっこう時間がかかるので、のんびり構えることにしましょう。
しょうが  /  tb: 0  /  cm: 8  /  △top

収穫ピーク! 

我が家の四季なりいちご5種。

収穫のピークを迎えております。

今日はその中から「桃娘」と

IMG_60041.jpg

「めちゃデカ!いちご」はこんな感じ

IMG_60051.jpg

いまは毎朝収穫し、「1日5個のいちごで、1日分のビタミンCになる」というのを実践できています。

今、新しい花芽は止まっていますので、一通り収穫したらしばらく休みになり、またそのうち次の収穫ができるようになると思います。

そのための「四季なり」ですから!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

いちご  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

順調かと思ったら・・・。 

ソルダムについた実の肥大が順調です!

IMG_59561.jpg

IMG_59571.jpg

このままでは数が多すぎますから、そろそろ摘果することにしました。

上に向かってついているのや、すでに傷がついているのを中心に摘果します。

IMG_59731.jpg

うっすらとスモモらしい柄が、果皮に見られて、ワクワクしてきます。

来月ぐらいに、もう一回摘果しようと思います。

昨冬新規導入したスモモの新顔たちも、しっかり新梢を伸ばし、順調に成長しています。

こちらは「秋姫」です。

IMG_59191.jpg

右にばかり偏っていて、左が寂しくてアンバランスですね〜。

冬の剪定で整えていきましょう。

「トパーズ」は頂芽優勢で上方の枝が立っていたので、ちょっと下に下げました。

IMG_59211.jpg

この品種は、他のと違って新しい葉がうっすら赤くておもしろいです。

しかし・・・  恐れていたことが起きてしまいました。

今月もいつまでも風が強いなあ、やだなあと思っていたのですが、このトパーズが「黒斑病」桃で言うところの「穿孔細菌病」にかかってしまいました。

IMG_59981.jpg

病班のまわりが変色して穴があくのが特徴で、広がると落葉してしまいます。

一番上の周囲が白くなっているところを裏から軽く押すと、すぐにその部分がポロっと取れて穴が開きます。

IMG_60001.jpg

「バリダシン5」を散布しましたが、発病しちゃってますから、どこまで食い止めることができるか。

今のところ他のスモモや桃には移っていないようですが・・・心配です。

「好事魔多し」ですね。油断大敵です。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

スモモ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

購入苗植え付け〜。 

ネットで購入した「筑陽」3株と「黒陽」3株を植え付けました。

IMG_59761.jpg

ナス大好きなので、いつもは10株以上植え付けるのですが、今年は6月中旬から2週間、家の外壁を塗り直すので庭のスペースを確保せねばならず、最低限に絞っての展開です。

したがって、1株あたりの収量を多くせねばなりません。

しかし、今回は6株のうち3株は、アブラムシとともに送られてきました・・・。

植え付けと同時に薬剤散布したのは初めてですが、ウイルス病にやられてなければいいなあ。

ネットは便利なのですが、実物見られませんからね〜。

かといって平日はほぼ仕事ですし。

がんばって育てましょう!
なす  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

2回目の増し土。 

金曜日のことですが、夕方帰宅して庭を見たら、「ホッカイコガネ」の花が咲いておりました。

IMG_59451.jpg

というわけで昨日、追肥と増し土をしました。

株の間に草木灰を一握り施して・・・

IMG_59691.jpg

そして土を入れて作業終了です。

IMG_59701.jpg

これでジャガイモの栽培としては、しなければならない作業はすべて終了です。

あとは葉が黄色くなって収穫できるようになるのを待つばかりですが、中晩生の品種なので収穫までの期間も長く、プランターですし排水の問題もあります。

「ホッカイコガネ」は、そうか病には強いが、青枯病や軟腐病には弱いらしいので、今年は雨も多いですし、梅雨時期も心配です。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

奇跡的に! 

なんと!あきらめていたキウイの雄花が咲きました!

おととい「アップルキウイ」の雌花がほぼすべて咲いてしまっていました。

IMG_59431.jpg

で、2つだけついたオス木の「孫悟空」の蕾がこんな感じでしたから、絶対間に合わないと思っていたので、すっかり諦めていました。

IMG_59441.jpg

そして今朝庭に出て写真を撮っていたら

IMG_59611.jpg

あれ?花が咲いてるやん!

IMG_59621.jpg

早速人工授粉しないと!

IMG_59631.jpg

雄花一つで、雌花10個ぐらいに受粉できること、4日ぐらいは開花がずれても受粉可能であることは知っていたのですが、問題は、咲いたばかりで花粉が出るのか、という点です。

ま、そんなこと心配しても、雄花一つしか咲いてないのですから、やるしかありません。

IMG_59641.jpg

ピントがずれちゃってるのでわかりにくいですが、雌花の白い部分にチョンチョンとつけて・・・これでいいのかな〜。

つけている途中で、花びらが全部落ちたやつもあったので、それはまずダメでしょうね。

残りは・・・結果を楽しみにしましょう。

あ、そういえばそろそろ支柱も立てなきゃ。

これで、雄花の蕾は残りひとつ。

そしてもう一本の雌木「ジャンボイエロー」についている蕾は2つ。

IMG_59651.jpg

こっちもうまくタイミングあったりしないかな〜。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

キウイフルーツ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

中盤過ぎて。 

相変わらず食べきれないほどの量が収穫できて、お裾分けの範囲が拡大してきました。

IMG_59281.jpg

背丈もとうに170センチの私の身長を超えて、収穫もすでに4回を数えましたが、そろそろ終わりが見えてきた感じです。

毎年、これぐらいの時期に多発するのが、ハモグリバエと

IMG_59321.jpg

うどんこ病です。

IMG_59311.jpg

後半戦に入っていることもあり、特に薬剤も使わず、なすがままです。

また、1〜2粒ぐらいしか入らない実入りの悪い莢が増えてきています。

でも手前味噌ながら、味の方は本当に甘くて、食感もプリプリして絶品です。

IMG_58901.jpg

IMG_59421.jpg

ちょっと太りすぎ?いえいえ、これでもすご〜く柔らかくてプチプチ弾ける感じですよ〜。

IMG_58891.jpg

アップにしすぎちゃいましたが、コチュジャンと鶏の胸肉、我が家玉ねぎで炒めた一品。

マメと玉ねぎの甘さとコチュジャンの辛さが絶妙です!

あと何回収穫できるかな?

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

連日の雨で喜んだのは 

今日は、昨日までの雨と打って変わって、初夏の陽気でした。

仕事で、車で多治見から可児、豊田と移動したのですが、日差しがほんと強かったです。

直帰して、18時に家に着いたので、まだ明るさが残っているうちに、この雨で野菜たちに被害が出ていないか見て回ったのですが、見た感じはイチゴが若干傷んでたぐらいでした。

そんな中、雨のおかげでむしろ元気だったのは、水分大好きな玉ねぎと、直射日光を嫌う「みょうが」でした!

IMG_59481.jpg

あっと言う間にがっちりしてきて、茎の数も多いです。

花の咲くスペースは残しておいてもらわないと、肝心の収穫ができません。

蕾を沢山出してもらうために、リンカリ成分の多い化成肥料をバラまいておきました。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

みょうが  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

極早生から早生へ! 

雨ですね〜。

岐阜県は月、火、水と雨で、野菜や果樹の病気が心配になります。

写真は昨日撮っておいたものですが、極早生品種の「ニューケンゾー」をすべて収穫しました。

IMG_59331.jpg

大小あるものの、プランター4つで40個植えつけたのが全部で40個、ひとつも欠けることなくしっかり収穫できました。

実家やご近所にもお裾分けし、なかなか好評でした。

肉質はやや柔らかすぎかなと思うほど、火を通すとトロトロになり、また甘みも増して美味しい品種でした!

一方、後を埋めるかのように、早生の「知多早生3号」の肥大が進んできています。

IMG_59351.jpg

こちらもあとプランター4つで40個。

庭で、しかもプランターなので、これが限度です。

余裕で夏までには食べ終わっちゃうなあ〜。

ちょっとは血液サラサラになってくれれば嬉しいんですが(笑)

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

たまねぎ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

1回目の間引きにネギを添えて。 

まだ双葉だった前回のアップから1週間たち、本葉の展開が始まりました。

IMG_58921.jpg

というわけで、間引きして1箇所2株にします。

IMG_58941.jpg

次回は本葉が4−5枚になったら一本立ちにします。

しかし今日はこれで作業終わりではありません。

庭の片隅で放置されていたネギを掘り起こしてきました。

IMG_59361.jpg

ネギ坊主ができたりしているので、途中でカットして、きゅうりの間に植え付け、コンパニオンプランツとして余生を送ってもらいます。

IMG_59371.jpg

キュウリは性質上、他の植物が一緒に植えられていると、旺盛に成長する、とのことですし、昨年もネギと一緒に植えたのですが、一昨年より収穫量も増えた実感があるので、今年もやってみます。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

きゅうり  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ついにきた!そしてダメなのか・・・ 

GWも今日で終わりですね〜。

6日は仕事だったのですが、昨日は曇りだったものの今日は快晴で、庭いじりを楽しみました。

ちょっとこの連休中、午後になると風が強い日が多かったですが、こんなもんでしたでしょうか。

けっこう日差しは強かったので、この1週間でかなり日焼けしました。

さて、多治見の冬の寒さに耐え、春を迎えたうちの柑橘たちですが、すべてが順調とはいきませんでした。

まずはブラッドオレンジの「タロッコ」

IMG_58511.jpg

新芽がだいぶ出ています。

そしてそして、2013年の10月に我が家に来てから2年間はまったく元気がなかったのですが、ようやく蕾がつきました!

IMG_58631.jpg

ただ蕾は全部で3本の枝に、10個ほどしかつかなかったので、結実までいくのは難しそうですが、今年花をつけなかったら撤収しようかと考えていたので、殺されてなるものか、と底力を出してくれたのでしょうか。

しかし僕の方も現金なもので、花が咲くことがわかれば、手をかけてやろうか、という気にもなります。

IMG_58661.jpg

一回も植え替えしてなかったので、こんなに土が少なくなっているにもかかわらず放っておいたのですが、植え替えしてやりました(笑)

5月に入っているので、土は崩さないようにして、一旦抜き出し、土と堆肥を鉢に入れてかさ上げしておきました。

一方、昨年は10個ほどが初収穫でき、甘みは少なかったものの、果汁たっぷりで楽しませてくれた「せとか」

我が家に来たのが2013年5月でしたから、丸3年が過ぎて4年目に突入です。

IMG_58521.jpg

こちらは今年も順調に蕾をつけてくれています。

IMG_59251.jpg

これならうまくいけば、来年2月ごろにはまた収穫できそうですが、冬の寒さでスが入らなければ、という条件付きになるんですよね。

そしてもう一本、「石地温州」ですが、こいつが全然ダメです。

IMG_58531.jpg

こんな状態のまま、まったく変化がなく、新芽も出てきません。

これはどうしようもないかな・・・。

もうちょっと様子を見てみましょうか。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

柑橘  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

春腐病・・・。 

プランター5つで育てているにんにく「ホワイト6片福地」

植え付けが早すぎたのか、葉が展開し始めて以降、病気の不安が常につきまとっていましたが、「春腐病」の名の通り、気温の上昇、雨の日が増えるとともに、病状が顕在化してきました。

現状はこんな感じです。

IMG_58961.jpg

枯れた葉先が目立つのは、冬の間中も同じだったのですが、

IMG_58061.jpg

このようにジグザグに新芽が伸びるという、春腐病の特徴の一つが現れています。

また、もうすでに腐ってきているものもあります。

IMG_58971.jpg

もうこうなったら処分するしかありませんので、引っこ抜きますが、今日は3本がこんな状態でした。

IMG_58991.jpg

50近い株があったのですが、これで40まで減ってしまいました。

収穫までは、まだ1ヶ月以上ありますので、どこまで減るのか考えるとガックリきますが、おのれの未熟さゆえのことですから仕方ありません。

気なぐさめかもしれませんが、少しでも食い止められればと思い、Zボルドーを散布しておきました。

あ〜あ。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

にんにく  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

蕾発見! 

初期生育が遅め、という触れ込みだった「ホッカイコガネ」。

普通のジャガイモとあんまり変わらないようなスピードで成長している気もします。

IMG_58281.jpg

1回目の増し土の後も、すくすくと成長し、背丈もだいぶ高くなってきました。

IMG_58301.jpg

蕾も見つけました!

IMG_58301.jpg

花が咲いたら、2回目の増し土をして、草木灰を追肥として与えて、主な管理は終了です。

今年は6月下旬に、2週間ほど家の外壁塗装をするので、その頃を目処に収穫できれば、と思っているんですよね〜。

「とらぬ狸の皮算用」とはこのことですね。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

摘果&収穫! 

今年は、いちごがめちゃんこ実をつけています。

追肥で与えたリンカリ肥料が効いているんでしょうか。

鉢植えで育てている「桃娘」はこんな感じです。

IMG_58701.jpg

「めちゃデカ!いちご」はこんな感じですが、さすがに実がつきすぎて、デカくもなんともなく普通の大きさなので、摘果しました。

IMG_58691.jpg

なにしろ写真のこの株、後ろ側にもまだ実がついているんです。

3分の2ほどに減らしました。

「四季なり姫」はだいぶ色づいていますが、もうちょっとです。

こちらも摘果です。

IMG_58721.jpg

「純ベリー2」も色づき始め、こちらも摘果。

IMG_58801.jpg

そして、買った時は一番小さい株で、ちゃんと育つのか?と思っていた10号鉢に3株植えた「雪うさぎ」が収穫を迎えました。

IMG_58681.jpg

夏らしくない名前なのですが、白いイチゴということで初めて育ててみました。

収穫時期は「ほんのりピンク色になったとき」とのことで、ヨメの実家に帰省している間に、色づきが進んでしまったようです。

IMG_58821.jpg

まだこれしか収穫できていませんが、甘さが濃くて、美味しいいちごでした。

どの品種も四季なりなので、これからしばらくは楽しめそうですが、毎年現れて収量を激減させるナメクジを封じ込めなくてはなりません。

ナメクジは食べごろになったものを見極めて食べやがるので、本当に腹立たしいです。

しかし、今年は「スラゴ」というナメクジ退治の薬剤を導入し、いちごの鉢の周囲に、空き瓶に入れてセットしたり、プランターの下などに撒いたりしましたので、効果に期待です。

IMG_58831.jpg

今年はいちごを堪能するぞ!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

いちご  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

やられた! 

ヨメの実家から、今日の4時ぐらいに帰ってきました。

5日も空けていたので、帰ってくるなり庭へ直行しましたが、スナップえんどうがジャングルになっていたり、スモモや桃が一回り大きくなっていたりしましたが、その他は大きな変化はなくて、一安心、のはずでした。

しかし!大ショックなことに!

IMG_58321.jpg

新梢が枯れています!

しかも他の鉢を見ても、6−7箇所も!

被害があったのは、「オリエンタルスター」と「高妻」で、他のについては、今のところは被害が出ていません。

「なにがあったんだろう。病気か?」と思って触っていると、節のところがくにゃっと柔らかく・・・

IMG_58331.jpg

あ!節のところが茶色くなってるぞ!

ひっくり返して裏側を見ると・・・ あった!

IMG_58341.jpg

ブドウスカシバという名の鉢によく似たガの幼虫が侵入した後です。

こいつに新梢の中を食い荒らされて、枯れてしまったというわけです。

GW後半に薬を散布しようと思っていて、間に合わなかったようです。あ〜悔しい!

早速スミチオンとジマンダイセンの混合液を散布しましたが、これで被害が収まってくれればいいのですが。

さあ、病気に害虫にと防除の忙しい季節がやってきましたよ〜。

明日は、桃やすももにも散布予定です!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

ぶどう  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今年はいけるか? 

3年目を迎えた「ソルダム」
今年は調子よく結実したものが、大きくなってきています。

この段階で、去年より落果してないものの数はずっと多いので、初収穫への期待はどんどん大きくなっています。
といっても、上の写真の左側の実のように、上向きに実をつけているものは、摘果の対象となるため、収穫は見込めません。
ちなみに、摘果するのは、実がビー玉ぐらいの大きさになり、生理落果のおそれがなくなった頃となります。

一方、受粉樹の「サンタローザ」のほうは、まったく着果しませんでした。
受粉樹とはいえ、生らないなんてことはないはずなんですが、う~ん、なんでなんだろう。
スモモ  /  tb: --  /  cm: --  /  △top