12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

試し採り。 

ここまで暖冬ということもあり順調にきた「せとか」

明後日から雪の予報もあり、最低気温がマイナス3度の日が続きそうなので、昨年のようにスが入ってしまう前に、試し採りをしました。

00001083.jpg

3年育ててきて、初めて味わう我が家オレンジですから、否が応でも期待は高まります!

00001084.jpg

店で売ってるみかんのSからMぐらいの大きさですが、指ではさんでみても、皮はパンと張りがある感じです。

まだスは入ってないよな〜と思いながら、横に2つに切ると・・・。

00001087.jpg

果汁たっぷりで、いい色の果肉が現れました!

外皮も袋の皮も薄くて、むくのがけっこう大変でしたし、普通のみかんのような、袋の周りの白いヤツ(名前がわかりません)もありませんでした。

種も多いなあ、と思いながら、試食すると・・・

すっぱ!

あ、でも甘みもある!

ヨメ曰く、「本当のみかんの味がする」という味で、めっちゃ甘いとはなりませんでした。

追熟したら甘くなるのかなあ、と思って調べたら、みかん農家は収穫してから2ヶ月ぐらい貯蔵する場合もあり、その間に5%弱の水分が抜けると同時に糖度が上がり、酸味も和らぐ、という記事がありました。

そこで試して見るべく、半分を収穫し、半分を樹上に残して、比べてみようと思います。

ただ樹上の分が、収穫までいければですが・・・。

とうわけで、「せとか」の初収穫、甘さに物足りませんでしたがまずまず満足感あり、となりました。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

柑橘  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

初収穫! 

冬採りほうれん草の「ほうおう」

9月、10月と時期をずらしながら蒔いたのですが、間引きもせずに生やすだけ生やしていたので、収穫時期が同じになってしまいました。

プランターだし、ほうれん草だし多少日陰でもいいかな、と日当たりが悪いところに置いていたとはいえ、一番長いものだと4か月も育てていたので、かなり大株になりました。

00001075.jpg

しかもこの品種はかなり肉厚で、食べごたえがあります。

そして何よりもタイトル通り、本当に甘いんです!

トーホクさんのサイトでも「大きな株にしてから寒さに当てると、格段の甘さになる品種です。」と書かれています。

333000263000_1.jpg

実家でも好評で、さっそく鍋で豚肉としゃぶしゃぶして、大根おろしで食べましたが、やっぱりサイコーでした!

まだプランター3つ分ありますので、しばらく楽しめそうです。

去年は失敗して、全然収穫できずに終わってしまっていたけれども、今年は無事リベンジすることができましたとさ。

めでたしめでたし。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

ほうれん草  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

側花蕾順調! 

先日初採りした側花蕾。

順調に、各節から花蕾が成長しています。

00001072.jpg

葉に包まれながら伸びてきて、花蕾が大きくなると葉が開く姿が、花が咲く前に収穫しちゃうので花色は拝めないとはいえ、冬の間他の野菜たちは蕾さえもありませんから、貴重な彩りとなっています。

00001071.jpg

このカラブレーゼ、小さな花がまとまってまたいくつかの花を作っている感じで面白いです。

00001073.jpg

真ん中は、4株のうち最後にひとつだけ残っていた頂花蕾です。

00001082.jpg

湯がくと、蕾も茎も、こんなに鮮やかな緑色になります。

そしてお味の方はと言いますと、これが味も濃く、甘みもあって、本当に美味しいんです。

ま、若干贔屓目も入っていますので、そこは割り引いたとしても、それでもマジでスーパーのブロッコリーとはレベルが違います。

野菜育てていて、満ち足りた瞬間、ですね。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

ブロッコリー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

間引きました。 

ようやく冬将軍がやって来ましたね〜。

来週週明けの予報は、雪マークが並んでて、いよいよ本格的な冬の到来ですね。

皆様、インフルエンザにもお気をつけくださいね。

私の周りでは、チラホラ聞くようになってきましたよ!

さて今日は、発芽率が悪かったため、何度かにわけて蒔いたスナップえんどう。

そのため、こ〜んなに差がついてしまっています。

00001069.jpg

背丈が倍ほども違うんです。

そして一箇所3株は多いので、(去年は密生してしまい、収穫の際にかきわけなければならず、大変でした)2本にします。

これから寒くなることを考え、弱いと思われる一番伸びている奴を間引きしました。

よく見ると、発芽しなかったと思われたのが、今頃になって発芽しているのを見つけました。

00001070.jpg

今からで大きくなれるのかな。

しばらく放置で様子見です。

それにしてもやはり今まで本当に暖かかったので、こんなヤツがいましたよ。

00001068.jpg

1月だというのにハモグリバエです。

ちょっと異常ですね。

写真を見ていただくとわかるように、雑草もけっこう顔を出していますし。

どちらも、この寒さでいなくなってくれることを祈りましょう。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

にんじん終了〜! 

9月から育ててきた人参「速紅奉行」

11月29日に初収穫してから1か月半、今日で残りを収穫し、終了とすることにしました。

00001074.jpg

今まで春蒔きで何度か挑戦しましたが、全敗していたので、今回ようやく成功することができて、達成感があります。

ただ、人参そのものも魅力的なのですが、むしろ僕の関心は葉のほうです。

葉のほうが栄養価が高いというのに、人参の葉なんて、どこにも売ってませんよね。

しかも栄養価だけにとどまるのではなく、美味しいですもんね。

これは、育てた人だけの特権と言っても過言ではないでしょう!

というわけで、早速ヨメに胡麻和えを作ってもらいました♪

00001080.jpg

刻んで〜茹でて〜胡麻と混ぜて〜醤油をかけて〜出来上がり!

00001081.jpg

最高に美味しいです!

次にこれが食べられるのは・・・いつ?

春植え再挑戦だっ!

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

にんじん  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

追肥しました。 

この週末は寒くなるという予報でしたが、確かに今までよりは気温は低かったものの、「さむ〜い!」というような感じは全然なくて、穏やかな感じで、やや拍子抜けでした。

そんな3連休初日の今日は、1月の作業として、玉ねぎの追肥をしました。

現在、極早生の「ニューケンゾー」を4つ、早生の「知多早生3号」を4つの計8つのプランターで育てていますが、「ニューケンゾー」はだいぶどっしりと太くなり、玉の部分が丸みを帯びてきました。

00001066.jpg

極早生のものは、収穫が早い分、本当は12月に追肥しなきゃいけなかったようですが、極早生を育てるのが初めてだったので、気が付かずにいました。

プランターは地植えに比べて、少し余分に日数かかるから大丈夫かな〜、なんて思っていますがどうでしょうかね。

一方の「知多早生3号」

00001067.jpg

こちらは早生とはいえ、やはり極早生と比べると、ひと回り細い感じです。

まだ、膨らんできた感はありません。

どちらも株の周りにシャベルで溝を切って、8-8-8の化成肥料を施したのですが、ちょっと今までの水やりが多かったのか、どちらも土の表面に苔がついていることに気がつきました。

玉ねぎは水気を好むとはいえ、ちょっとやり過ぎましたか。

第2回めの追肥は、2月末の予定ですが、極早生のは遅くとも2月中旬ぐらいにはしなきゃいけないかなあ。

とりあえずどのプランターも順調に来ていますので、収穫まで持続するようがんばりましょう!

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

たまねぎ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

限界でした。 

暖冬で野菜が早く大きくなりすぎ、去年より価格が下がっており、農家の方たちは困っているという記事が出ていました。

ただ、早く育つ分、季節の変わり目の野菜の入れ替わりの時期に、うまく入れ替わらず、品薄になって高くなるのでは、という指摘もありました。

気候は平年並み、というのが、やはり一番いいのでしょうね。

我が家には、唯一夏野菜の鷹の爪が残っていました。

しかし、暖冬とはいえ、さすがに限界が来ました。

00001056.jpg

とうとう葉がすっかり枯れてしまいました。

この実は10月ぐらいから生っていたのですが、いつまでたっても赤くなることなく終了です。

一応、わずかに赤く(といっても普通の鷹の爪に比べて赤みが薄いです)なったものだけは収穫しましたが、全然量がすくなかったです。

まあ、でもよく粘ってくれて、楽しませてくれました。

また来年〜!
とうがらし  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今のボクにできること。 

50のオッサンが青春ドラマみたいなタイトルをつけたのは、新年で浮かれているわけではありません。

我が家野菜の中で、その姿を見るたびに心が痛む、にんにくに対してなのです。

植え付け当初、siyou110さんにご指摘いただいた通り、時期が早すぎたために、病気を発症してしまったホワイト6片。

00001062.jpg

その後、ダコニール→Zボルドー→ジマンダイセン→バリダシン5と、1週間おきにローテーションで散布していて、2回転が終わり、すっかり薬漬け状態なのですが、いっこうに治まる気配がありません。

00001064.jpg

ご覧のとおり、葉の真ん中から黄色くなって、下葉から枯れていきます。

さらには、あろうことか、アブラムシまで発見してしまいました・・・。

00001063.jpg

「弱り目にたたり目」「泣きっ面に蜂」とはまさにこのことです。

しかし、それはすべて自業自得、勉強不足から招いたことなのです。

これから5か月ぐらいの間、見るたびに自分の至らなさを思い知りながら、それでも収穫を期待しつつやりすごしていくしかありません。

薬剤を散布して、結果を祈るしか、できることはないのです。

なんて、だんだん重くなってきましたが、これで二度とにんにくの植え付け時期を誤ることはないでしょう。

とりあえず最後まで結果は見届けます。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

にんにく  /  tb: 0  /  cm: 7  /  △top

果樹一段落。 

明日は仕事始め。

今日は午前中は庭やって、昼からホームセンターとスーパーに買い物行って、ヨメの車洗って、駐車場の壁と門から玄関までの階段をデッキブラシで洗って、などしてたら終わってしまいました。

高圧洗浄機買ったら楽なんでしょうかね〜。

ま、デッキブラシでこするのって、全身動かすので、冬休みで鈍った体にはいい運動ですが。

さて、桃といっしょに届いたスモモを植え付けました。

00001061.jpg

ちょっと斜めってしまいましたが、その名の通り黄色い実がなる「トパーズ」です。

山形のJAのHPによると「9月上旬収穫の黄皮で外観が美しく、白肉で酸味が少なくしっかりとした肉質でとても美味しい(糖度14%)」

↓国華園さんの写真ですが、こんな感じだそうです。ちょっと記述内容がJAさんと違いますが。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/kokkaen/2015n-p8-0123.html

そしてもう一品種「秋姫」を追加しました。

00001059.jpg

↓秋姫は花ひろばさんのHPから〜

http://www.hanahiroba.com/fs/hanahiroba/puramu_akihime

届いた苗木は、写真のように主枝がめっちゃ直立してしまっているので、いつものごとく寝かせてやり、枝先を少し切り返して作業終了です。

00001060.jpg

これで、この秋冬の新規導入はすべて終了しました。

我が家の果樹は、

ぶどう・・・・藤稔、高妻、シナノスマイル、オリエンタルスター、シャインマスカット、ネヘレスコール
いちじく・・・桝井ドーフィン、バナーネ、ノアールシュクレ
桃・・・・・・嶺鳳、紅清水白桃、桃水、白麗
すもも・・・・ソルダム、サンタローザ、トパーズ、秋姫
キウイ・・・・ジャンボイエロー、アップルキウイ、孫悟空
柿・・・・・・甘百匁、筆柿、花御所、興津20号
柑橘・・・・・石地温州、せとか、タロッコ

となりました。

全部で27鉢!

我ながらビョーキちゃうかな、と思いますが、さすがにこれ以上は置くところがありませんので、これらを大事に育てていきますよ〜。

果樹を初めてから今年で4年目を迎えます。

最初の年は3本で始めましたが、そろそろ今年あたり2−3年目の木が増えましたから、収穫の記事をたくさんアップできないと困りますね。

育てているのは食べるため!ですから。

なんとか美味しいのをアップできるよう、がんばります!

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

スモモ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

明けましておめでとうございます! 

皆様、明けましておめでとうございます!

本年もがんばって野菜や果物を育ててまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

というわけで、新年を迎えたわけですが、相変わらず暖かくて、歩いていると汗ばんでくるぐらいのお正月となりました。

今年初のアップは、年末に届いていた桃の植え付けです。

昨年コガネムシにやられて枯れた「なつおとめ」の代わりに導入したのは、「白麗」という品種です。

肉色はクリーム、大久保✕肥城桃の交配で、栽培が安定していて、家庭園芸向き、糖度高く渋みない、果肉固め、果汁たっぷり、8月上旬〜中旬の収穫、とのことです。

そして、何より、こんな立派な苗木が届いてびっくりです!

00001049.jpg

1年生なのですが、かつてこんな苗木が届いたことはありませんでした。

鉢植えなので、切り詰めざるをえないのですが、なんか申し訳ない気になってきました・・・。

10号鉢に植え付けて・・・

00001050.jpg

でも、結局切り詰めたのがこちら。

00001057.jpg

こう見ると、もうちょっと切り戻してもよかったですかね。

うちにある桃の中で、一番背が高くなってしまいました。

軽く枝先を切り返して、作業終了です。

00001058.jpg

こんなタグがついてました。

生産者番号「1」ってなんかスゴイです(笑)

これで、今年の桃のラインナップが完成です。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top