11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

 

大晦日ですね〜。

明日からは大荒れの天気のようですが、今日は穏やかな晴天で、大掃除頑張りました。

今年最後のアップは、にんにく「ホワイト6片福地」です。

ただ、元気よく、という感じではなくて、なんか色が悪いんですよね〜。

f00000151.jpg

葉が紫色になっているのは、ただ寒いからだけなのか、あるいは病気とか肥料が足りないとか(でも今月半ばに化成肥料やったしなあ)なのか、わかりません。

そういえば日照不足も考えられるかな。

ネットでも調べてみたのですが、やはりこれといった原因が思いつきません。

というわけで、こんな中途半端な記事でしたが、今年も皆様お世話になりました。

ブログやってて楽しかったです。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

皆様よいお年をお迎え下さい!

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

にんにく  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

種芋購入。 

有給1日くっつけて、今日から4日まで冬休みです!

明日から3日間は、ヨメの実家の千葉へ行ってマスオさんしてきます〜。

昨晩、ネットで注文しておいた種芋が届きました。

今年のタワラムラサキ、タワラヨーデルがまずまずの出来だったので、来年はまた違うのにしてみようと考えた結果、今度は赤で攻めてみました。

f00000149.jpg

「アンデスレッド」と「レッドカリスマ」の2品種を500gずつの購入です。

ちなみに品種紹介のサイトによれば、

「アンデスレッド」は、「ほくほくした食感、甘み・旨味があって美味しい、生命力が強く休眠期間が短いので、貯蔵しておくとすぐに芽が出るため、長期保存に向かない、ベータカロテンが豊富、煮崩れしやすいのでポテサラに向く、黄色」

「レッドカリスマ」は、「目が浅く皮が剥きやすい、初期生育がやや遅い、そうか病やウイルスに強い、中晩生、しっとりした食感、煮物に向く、白色、2012年の品種」

だそうです。

種芋は、土がついているので、皮の色がよくわからないのですが、ところどころ赤色が見えました。

f00000150.jpg

3月上旬〜中旬あたりの植え付けを目指し、1月に入ったら、種芋を室内の日の当たるところに置いて、芽を出させる「浴光育芽」を行います。

春の訪れを待つ楽しみが、またひとつ増えました。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

絶望的・・・。 

枝の中に入り込んで内部を食い荒らす虫にやられて、瀕死の状態の「藤稔」

f00000144.jpg

とりあえず植え替えようと、まわりの支柱を外そうとしたら・・・。

「バキッ」という音とともに、簡単に折れてしまいました。

そしてその折れた口はというと・・・

f00000145.jpg

こんな感じで、ガワだけしか残ってませんでした。

残った部分も枯れてしまっていて、枯れていないところまで、少しずつ剪定していったのですが、かろうじて生きているだろうと思われる部分まで切り詰め、植え付けた姿はこんなです。

f00000146.jpg

3年目の藤稔、一からやり直しです、っていうか、春に萌芽するかどうかも定かではありません。

芽がふくらんでいる感じもしないではないのですが・・・でも、わずかな期待を打ち砕きそうな姿です。

春まで粘ってみます・・・。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

ぶどう  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

さおりの出直し。 

一本しか新梢が伸びず、えらいことになってしまったけれども、途中でどう手を付けたらいいのかわからずに放置してたら、こんな姿になってしまった「さおり」

f00000138.jpg

こいつにはかわいそうだけど、半分諦めていて、セールだったのをいいことに、新しい「さおり」の苗木を買ってしまいました。

というわけで、少々荒療治でもいいかな、と仕立て直しに挑戦しました。

同じ鉢に植え直しますから、鉢から外して、一回り根を切ります。

f00000139.jpg

太い根に細根がいっぱいで、これだけ見るとなかなかよさそうな感じです。

主枝を主幹にしようと、今までの主幹を斜めにセットしました。

f00000140.jpg

新しい土を入れて、

f00000141.jpg

主幹の上部を半分ぐらい切り戻すと、すでに上の方は枯れてたので、心配したのは杞憂でした。

f00000142.jpg

主幹は、主枝の伸び出しているところまで切り詰めて、主枝も3分の1ぐらいまで切り詰めて、これで仕立て直し終了です。

f00000143.jpg

見事にくの字になっていますが、さて再生できるでしょうか。

やはり結果は春までわかりません。
さくらんぼ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

トレリス仕立て2年目〜。 

我が家に来て、1年がたった「シナノスマイル」

不勉強のために、新梢剪定をきちんと行えなかったので、葉がいつまでも枯れずに残っていました。

f00000121.jpg

剪定は、葉が自然に全部落ちるまで待とう、と思っていたのですが、葉が乾いた感じではなく、ちょっと柔らかくなっていたので、下手したら腐るかも、と思い、剪定することにしました。

f00000122.jpg

主枝の基部には、大きめの芽がついていますし、節の間隔も狭く、幹も太いので、ここはうまくいったかな、なんて思ってます。

f00000123.jpg

でも、切り口はきれいな丸にはなっておらず、ちょっとがっかり。

髄は小さめなので、そこはOK。

などと、ちょっとしたことに一喜一憂しながらも、横には3芽、主幹は60センチほど伸ばして剪定しましたが、本当は主幹は1mぐらい残さなきゃいけなかったみたいです。

f00000124.jpg

まあでも切っちゃったものは仕方ないので、諦めて支柱を立て直して完成です。

f00000125.jpg

今は横の支柱は1本ですが、春に主幹の先の方で、また横に2本枝を伸ばし、その枝が伸びる位置に合わせて、もう一本支柱をわたして横2段になるはずです。

さらに来年はもう一段上に、と段々高くなっていってトレリス仕立てらしくなっていく予定です。

まだまだ先ですが、今日みたいに暖かい中で作業していると、どんどん妄想がふくらんでいっちゃいます。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

ぶどう  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

防寒&鳥除け 

今日も暖かい日でしたが、氷点下の朝を迎えることが多くなってきたのと、強い風も吹く日が続いたりしたので、常緑樹の柑橘たちの葉の色が、少し黄色っぽくなったような気がします。

また、ブロッコリーの葉がムクドリ?についばまれることが増えてきたので、せっかくなった実をダメにされちゃかなわんと思い、不織布をかぶせることにしました。

f00000136.jpg

左は丸2年がたった「せとか」と、2年目に入ったブラッドオレンジの「タロッコ」です。

タロッコは、来たばかりの昨年冬、よほど多治見が寒かったのか、けっこう葉を落としてしまったので、イマイチ生育不良です。

f00000137.jpg

写真では見えませんが、鉢まですっぽり隠れているわけではないので、幹は少しのぞいていますし、掛け方もちょっと雑な感じになってしまいました。

でも、日光の透過率も90%以上ある、と書いてありましたし、これで少しは寒さが防げるのではないでしょうか。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

植え替えしました! 

さび病にかかったりしつつも、3年目を迎えることができた「桝井ドーフィン」

f00000126.jpg

我が家ではぶどうの「藤稔」オレンジ「せとか」とこいつが最古参の果樹です。

10号鉢で植えてから丸2年がたちましたので、暖かかった今日、植え替えをすることにしました。

今まで剪定をしていなかったものですから、主枝3本伸びていますが、主枝から伸びた枝はほとんどありません。

そのため今年は大きい鉢に植え替えるのではなくて、同じ鉢に植え替えることにしました。

鉢から抜いたところ。

f00000127.jpg

果樹栽培の経験が浅く、この状態が、根がかなり廻っているのかどうか判断がつかないのですが、やはり同じサイズの鉢で大丈夫なんじゃないかと判断しました。

このままでは鉢に新しい土が入れられませんから、底と周りを切り落としていきます。

f00000128.jpg

休眠期だから、多少多めに根を切っても大丈夫!なはずですが、何分初めての経験で、全部ネットや本で仕入れた知識なので、基本の裏付けがありませんから、不安で仕方ありません。

ぐるっと切り詰めて、元の鉢に戻してみると、こんな感じになりました。

f00000130.jpg

底と周りに、堆肥、腐葉土、苦土石灰、赤玉土を混ぜた土を入れ、斜めに傾いて伸びていたのを、できるだけ真っ直ぐに近づけるよう置き直しました。

f00000131.jpg

これで植え替えは完成です。

次に枝の剪定ですが、一番長い主枝は、夏果がたくさんついているので、今回は剪定を見送り、来年行うことにしました。

f00000134.jpg

他の2本の主枝も夏果をつけていますが、少なかったので、こちらは剪定しました。

これを、

f00000132.jpg

こんな風に剪定します。

f00000133.jpg

で、できたのが、こちらです。

f00000135.jpg

いつものように切り口にトップジンペーストを塗布して、初の植え替えが終わりましたが、あれだけ根を切りましたが、枯れずに無事に成長してくれるでしょうか。

その答えが出るには、まだ3か月ほどかかりますが、どうなりますやら。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

いちじく  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

雪ニモマケズ 

先週の雪に埋もれていた、玄関脇の花壇に植えてあるスナップえんどう。

昨日の雨で、上に乗っかっていた雪が溶けたので、重みに耐えきれず倒れてしまっていた株を、起こしました。

f00000118.jpg

そして、支柱に渡してあるビニールひもに結わえ付けてやりましたが、かなり曲がっていて、腰砕け状態です。

f00000119.jpg

でも、固まった雪に2日ぐらい包まれていたのに、枯れないんですから大したものです。

このあと、追肥として化成肥料をまいてやりました。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

紅清水白桃追加。 

ぶどうの高妻と同じところで10月に注文していた「紅清水白桃」

果汁が多くて、柔らかく、上品なほのかな甘さで、大きい実が採れるようです。

果物屋のHP見たら、3玉6500円!

我が家でそんな桃が採れたら最高じゃないか!と思って買ってしまったのでした。

で、届いた苗がこちら。

f00000113.jpg

1年生でなんでこんなに枝が出てるのさ。

f00000114.jpg

2年生の間違いじゃないの?今まで全部1年生苗を買ってきたんだけど、棒苗しか届いたことないから知らないだけ?

そんなはずないですよね〜。ネットだしだまされたかな。

根もこんなに立派です。

f00000115.jpg

これじゃ8号鉢は無理なので、10号鉢に植え付けました。

f00000117.jpg

いつもよりやや高めの40〜50センチほどで切り詰めました。

またもう少ししたら、枝も長いので枝先を3分の1ほど剪定する必要がありそうです。

これで桃は、「嶺鳳」「なつおとめ」「紅清水白桃」と3本になりました。

初収穫は来年を目指します!

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

高妻追加。 

11月ぐらいに注文してあった「高妻」

今週届いたので、生憎の天気でしたが、玄関ポーチの雨が当たらないところで早速定植です。

この「高妻」、ピオーネとセンティニアルの交配種で、HPを見て、極大粒で黒色、糖度も高いやや晩生で、4倍体品種の中では花振るいや裂果も少なく、作りやすさ筆頭であることを知り、購入を決めたのでした。

10号鉢に植え付けて、いつものように30〜40センチぐらいで切り詰めて、切り口にトップジンペーストを塗り、支柱を立てて終了です。

f00000116.jpg

これでぶどうも、黒が藤稔、高妻、赤がシナノスマイル、オリエンタルスター、緑がシャインマスカット、ネヘレスコールと各2本ずつになり、春が来るのがますます楽しみになってきました!

まじでブドウ棚作ろうか、ラティスぐらいでとどめておこうか、トレリスにしてグリーンカーテン、などなど仕立て方にも楽しみがふくらみます。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

ぶどう  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

バナーネ追加。 

寒い!寒すぎる!

気温もそうですが、この強風がすごすぎます。

今晩は伊賀に泊まりで出張なのですが、庭の鉢たちがめちゃんこ心配です。

ひっくり返ってないかなぁ…。

さて、日曜日に定植したいちじくの「バナーネ」です。

夏秋兼用種で、夏果はとても大きく、秋果は小振りでも濃厚な甘さ、という触れ込みです。

9月ぐらいに予約注文していて、ようやく届きました。



さっそく10号鉢に植え付けましたが、めちゃんこ太い主幹で、いきなり期待が持てそうです。

いちじくは、ぶどうとともに、果樹では珍しく酸性土を苦手としますので、蛎殻石灰を混ぜこんでいます。

いちじくは、3年目を迎える「桝井ドーフィン」に次いで2本目です。

春に向けて、またひとつ、楽しみが増えました。
いちじく  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

いつになったら・・・。 

おかしいです。

品種の札を見ると、11月には収穫できるはずなのに、収穫どころか花蕾も見えません・・・。

4株ともです。

f00000108.jpg

いつになったら食べられるんでしょう。

f00000109.jpg

もう真冬を迎えるので、春まで待たなきゃならないんでしょうか・・・。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

ブロッコリー  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

初収穫! 

9月10日に種を蒔いてから3か月。

プランター3つで7株を育てている聖護院大根。

f00000110.jpg

今晩粕汁を作るから大根が欲しい、とヨメからの催促もあり、初収穫です。

どれを採るか迷ったのですが、中ぐらいの大きさのにしました。

一番浅いプランターで育てて、どれぐらい大きくなるものか試してみたのですが、思ったよりちゃんと生育し、まずまずのものができました。

f00000111.jpg

そうは言っても、深めのプランターと比べると、やはり大きさに差があるので、聖護院大根とはいえ、そこそこの深さの土量は必要ということのようです。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

だいこん  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

追肥しました。 

今朝起きたら、雪が舞っていて、庭や屋根にうっすらと積もっていました。

でも昨日の方が風が強かったので寒く感じましたが、今日はそれほどではありません。

さて、3週間前にプランター4つに定植した玉ねぎ。

無事に活着した感じなので、予備に残しておいた苗もやや弱そうでしたが定植し、5つで育てております。

f00000106.jpg

定植直後は、すぐに倒れてしまっていましたが、太さも出てきて、真っ直ぐに成長しています。

そこで昨日、化成肥料を追肥として施しました。

f00000107.jpg

これから春まで、2−3回追肥しながら、水切れしないようにして成長を待ちます。

収穫までまだ半年以上あるので、長い付き合いですね。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

たまねぎ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ヤバくないか? 

寒くなりましたね〜。

今日は冷たい風が、かなり強く吹いていましたが、今晩から明日にかけて雪の予報です。

来週もかなり寒そうですね。

インフルエンザも流行っているようですので、皆様ご自愛くださいませ。

さて、11月に植え付けた果樹達も、1か月たって活着したと思われるので、元肥を施しました。

骨粉入りの油かすと、蟹殻を混ぜて鉢に混ぜ込む作業をしていたら・・・。

あれ?

f00000104_20141213175827f83.jpg

こっちも!

f00000105_20141213175831006.jpg

いくら何でも早すぎるやろ!

今から顔を出したって、枯れ落ちてしまうのは、目に見えてるし。

期待の紅秀峰なのに、どうしてこんなことになっちゃったんでしょう。

今まで肥料は一切与えてないのに。

この寒さで一旦すべての成長が止まってくれるといいんですが・・・。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

さくらんぼ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

「さおり」をもう一本。 

ぶどうや桃を買うときに、特価で出ていた接ぎ木苗の「さおり」。

今年育てたのは、3つぐらい芽が出たけれど、そのうちのひとつしか芽が成長せず、とても不細工な姿に成っているのは、前回のアップの通りです。

太い枝を剪定して、無理にでも仕立て直ししようと思ってはいるのですが、うまくいくかどうかまったく自信がないので、その保険も兼ねて購入です。

f00000094.jpg

今回は8号鉢からじっくり育てようと思ったのですが、かなりしっかりとした苗木で、根もかなりの量でした。

f00000096.jpg

そのため8号はあきらめて、10号鉢に植え付けました。

40センチでカットして、

f00000098.jpg

トップジンMペーストを塗っておきます。

f00000099.jpg

これでさくらんぼは、さおり×2、佐藤錦、紅秀峰の計4本となりました。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

さくらんぼ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

「なつおとめ」追加! 

昨年初導入した「嶺鳳」がまずまず順調に成長してくれて、芽をいっぱいつけてくれているので、もう一本追加することにしました。

選んだのは「なつおとめ」です。

「あかつき」という品種に「よしひめ」を交雑してできた品種で、大きく酸味が少ない甘い実が8月上旬〜中旬に収穫できることからこの名前になったそうです。

f00000093.jpg

ポットから抜いて土を落とすと、こんな感じの根でした。

f00000095.jpg

そのまま植えていいようですが、8号鉢なので、根を広げてやったほうがいいと思うので、私は毎回土を落としていますが、これで枯らしたことはありません。

活着する1か月後に元肥を入れる予定なので、今日は堆肥と腐葉土、赤玉土を混ぜた用土に植えただけです。

高さを40センチでカットし、トップジンペーストを塗って、支柱を立てて作業完了。

桃は2年後が初収穫ですから、気長に、木を充実させることだけ考えましょう!
  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

一気に3本! 

現在2年が経過した「藤稔」と1年がたった「シナノスマイル」

藤稔がカミキリの幼虫にやられて、瀕死の状態で、来年発芽するか分からないこともあり(っていうのはただの理由付けにすぎないのですが)苗木を3本買いました。

f00000092.jpg

左から「シャインマスカット」「オリエンタルスター」「ネヘレスコール」です。

これで白、赤、黒と3種類のブドウが揃いました!

それから「ネヘレスコール」はシリア原産で、長いと1mぐらいの房になるそうで、旧約聖書にも「一つの房に棒を通して、2人の男が担いで運んだ」という記述が出てくるとのこと。

3本買ったので、珍しいのも入れてみたくなって選んだのですが、品質も甘くて美味しいとのことなので、楽しみです!

オリエンタルスターは行灯仕立てにするつもりで10号鉢、他の2本は行灯でもトレリスでも垣根仕立てでもいいようにプランターに植え付けました。

f00000102.jpg

ブドウは中性ぐらいの土を好むとのことで、牡蠣殻石灰を混ぜた土に腐葉土、堆肥、赤玉土、くん炭をブレンドした土に植え付けます。

オリエンタルスター以外の2本は、接ぎ木してある部分から40センチぐらいのところで切り戻しました。

オリエンタルスターは枝分かれしていて、どっちを残すか決めかねたので、発芽の状況を見てから決めたいと思います。

f00000101.jpg

ブドウ棚作りたいな〜・・・はっ!妄想が・・・。
ぶどう  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

ようやく紅葉。 

今日は多治見は初雪で、日中でも2度までしか上がらず、非常に寒い一日でした。

そのせいで、今日は何もできなかったので、ようやく色づいたスモモの写真だけです。

ソルダムは、とうに落葉していたので、来週ぐらい剪定したいと思っています。

f00000078.jpg

一方、途中、鉢から根が伸びでて、地中まで深く根を張っていたサンタローザは、やっと紅葉し始めました。

f00000077.jpg

この分だと剪定できるのは1月になってからですかね〜。

f00000084.jpg

はみ出してる根の整理もして、今の10号鉢に植え直しもしたいところです。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

スモモ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

収穫まであと2か月。 

だいぶ色づいてきている2年目の「せとか」

f00000076.jpg

収穫時期は2月なので、まだ先なのですが、オレンジが濃くなってきました。

ちょっと成らせすぎたかな、とも思いますが、果樹栽培はまだ2年目なので、何事も勉強です。

よく見ると剪定のやり方だってまずいのですが、それは収穫後、来年にまた手を入れることにして。

まずは、甘いのが採れるかどうか。

初収穫に期待はふくらむ一方です。
柑橘  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top