10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

支柱立て。 

花壇で育てているスナップえんどう。

何株かをヨトウムシにやられましたが、がんばって成長しています。

f00000082.jpg

これ以上の高さになると、自立できずに倒れてしまうので、支柱を立てました。

f00000083.jpg

支柱を立てているだけで暑くかんじるほどの陽気だったのですが、明日以降は、毎日最低気温が零度の予報です。

凍らずにがんばって成長してほしいものです。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

美味! 

玄関先で追熟させていた安納芋。

アルミホイルでくるんで、ストーブの上で焼いて、ドキドキのご対面。

f00000088.jpg

これこれ!想像した通りのオレンジ色の肉!

期待もふくらみ、一口食べてみると、ねっとり軟らかくてめっちゃ甘い!

ヨメも大喜びでぱくついてました。

さつまいもって、ぱさついて喉に詰まるイメージだったので、あまり好んで食べなかったのですが、こんなにジューシーなら、来年はもっとたくさん収穫できるようにがんばるぞ、と誓いを立てました。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

さつまいも  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

未だ見えず。 

4株育てているブロッコリー。

f00000085.jpg

だいぶ大きくなってきたのですが、手前の2株「シチリアンブロッコリー」は、11月に収穫って書いてあるのに、まだ姿形も見えません。

f00000086.jpg

上から覗いても固く締まった成長点があるのみ。

きっとその中には蕾が隠れているんだろうと、折らないようにそーっとめくっても、陰も形もありません。

う〜ん。
ブロッコリー  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

収穫しました! 

標準プランターで育てていた青梗菜。

去年の残り種でしたが、去年同様順調に生育し、収穫となりました。

f00000079.jpg

追肥した以外は特に何もせず、ほんと手間のかからない野菜です。

f00000081.jpg

豚肉、人参を生姜で香り付けし、片栗粉でとろみをつけて炒めていただきましたが、満足の収穫となりました。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

チンゲン菜  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

まだいるんです。 

夏野菜の「鷹の爪」

まだ赤くならないのがけっこうあるので、庭に放置しています。

f00000075.jpg

でも、さすがに週明けの最低気温が零度の予報ですから、これ以上は厳しいでしょうね。

f00000080.jpg

収穫できるのだけ収穫して、終わりにしましょうか。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

とうがらし  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

第1回目追肥 

ホワイト6片福地に、第1回目の追肥をしました。

なんか思っていたより大きく育っていて、無事に越冬できるのか心配なのですが、育ったものは仕方ありません。

f00000073.jpg

茎もしっかり太くなり、がっしりとした感じになってきています。

ただ、やや葉色が薄い気がしなくもないですが、日当りの影響でしょうか。

これから冬の間は、日が低いので、9時過ぎないと日光があたらず、夕方も4時ぐらいまでしかあたりません。

f00000074.jpg

8-8-8の化成肥料を蒔きましたが、2月〜3月の春先に、第2回目の追肥をするまで、作業的にはもうすることがありません。
にんにく  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

定植! 

昨日今日と、穏やかな晴天で、庭にいてもぽかぽかと暖かかったです。

玉ねぎの苗が、ようやく大きくなって来たので、定植することにしました。

f00000068.jpg

根元の方は、ちょっとふくらんできているものもあり。

f00000069.jpg

鉛筆の太さより、やや細いぐらいがいいそうですが、あまり細いのは除きましたが、あとは気にせず苗として使います。

太いのはトウ立ちしやすい、といいますが、去年もこの程度の太さならトウ立ちしたものはなかったので、大丈夫でしょう。

一本一本根が切れないように、そ〜っと外しながら、一本ずつ植え付けます。

f00000070.jpg

こうして見ると、曲がってる苗もありますね〜。

でもちゃんと玉ねぎになるので、気にしない!

f00000071.jpg

結局プランター四つに45本の苗を植え付けました。

保険でとってある苗が7〜8本あるので、無事これらが定着したら、もう一つぐらいプランター増やそうかな。

収穫まであと7か月。

長い割に食べ出すとあっという間ですが、おいしい玉ねぎ目指してがんばります!
たまねぎ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

まだまだ元気 

水さえやれば育つため、ほとんど放置なので、登場機会の少ないニラ。

でも我が家の野菜の中で、一番長いこと育てている野菜です。

おまけに収穫しても、翌日にはもう1〜2センチ伸びてるぐらい生育旺盛なので、年に4から5回は収穫できる便利野菜です。

f00000072.jpg

氷点下になるまでは育つので、今年ももう少しいけそうです。

しっかり追肥しているので、我ながらけっこう軟らかくていいニラだと思いますよ。
ニラ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

試し掘り。 

4か月ぶりのアップとなった大生姜の「お多福」

f00000059.jpg

葉先が茶色くなってきたのと、生姜は15度以下では成長しないというので、試し掘りをしてみました。

f00000060.jpg

生姜はできていましたが、残念なことに、全然大生姜じゃありませんでした。

原因はわかってるんです。

プランターにスリットが入りすぎていて、土が流れ出てしまい、半分ぐらいに減ってしまったせいなのです。

この分だと残りも推して知るべし、です。

悔しいですが、ガリにしたら美味しかったので、よしとすることにします。
しょうが  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

実が! 

3株ずつ育てている、四季なりいちごの「ドルチェベリー」と「あまごこち」

植え付けた後、ドルチェベリーの1株が花を咲かせたのですが、いくら四季なりとはいえ、これからの季節にはしんどいだろうと思って、いくつかついてた蕾といっしょに摘んだのでした。

そしたらその後も、その一株だけは花を咲かせたので、自然に任そうと思って放っておいたら、結実してました!

f00000063.jpg

さすがに小さいし、種がやたら目立つので、あまりおいしくはなさそうですが、人工授粉なんてしていないし、蜂だってとんと見ないし、葉陰に隠れるようにして咲いていたので、どうして受粉したのか不思議です。

朝はもう5度ぐらいしかないし、日が出ても風が強い日が多いので、気温は低いんですけどね〜。

そう思って、今日は冬支度としてワラを敷いたのですが、なんと「あまごこち」の方にも花が咲こうとしていました!

f00000064.jpg

いちごって、本当は一体いつまでいけるんでしょう。
いちご  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

締まってきました! 

プランター2つで5玉を育てている、ミニ白菜の「お黄に入り」

ひところのナメクジやアオムシ被害もおさまったようで、順調に白菜の姿になってきました。

f00000062.jpg

多治見の朝は5度前後の日も増えて来たため、ヨメがそろそろ鍋が食べたい、というので、来週末に一個収穫予定です。

一番大きいのを収穫する予定ですが、こいつかな〜と思って上から見ると・・・

f00000061.jpg

けっこういい感じに葉が詰まっている様子です。

上から押して確かめてみても、なかなかの弾力性なので、こいつにしましょう。
白菜  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

収穫開始! 

焼き肉に欠かせないサンチュが、収穫モードに入ってきました!

f00000056.jpg

標準プランターにネットかけて育てていますが、ネットの下で窮屈そうになるほど成長したので、今晩は焼き肉ではなくハンバーグでしたが、レタス代わりに活躍してくれました。

f00000057.jpg

まだ若い株なので、葉も薄く、サンチュ独特の苦みも少なくて、ヨメも美味しい!と喜んでくれました。

サンチュのいいところは、伸びた分だけ周りの葉をかきとって収穫していくので、長い間楽しめることです。

水さえ切らさなければ、日陰でもいいのでラクチン、その上栄養価も高いので言うことなしです!
サンチュ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

順調に発芽。 

先週種まきしたスナップえんどう。

ほぼ100%の発芽率で、今のところ順調です。

f00000055.jpg

昨年もこの場所で育てたので、連作障害だけが心配ですが、影響が出るとしたらこれからですね。

f00000054.jpg

1か所4粒ほど蒔いているので、これからの生育を見て、1か所2株に間引く予定です。

元気よく成長中! 

プランターで育てている聖護院大根が元気いいです。



葉を一生懸命伸ばして、少しでも大きく育とうという生命力を感じます。

本体(?)もだいぶ丸みを帯びてきました。



年末の鍋にいけるかな?年越えるかな?

楽しみになってきました。
だいこん  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

清水の舞台から・・・。 

ずっと気になっていたけど、どこを見ても一本4000円以上して、しかも受粉樹が必要ということで、二の足を踏んでいたポポー。

おまけに現物を見たことも、もちろん食べたこともないので、成ったとしても、気に入るかどうかさえよくわからないのですが「バナナとプリンを足して割った味」「別名カスタードアップル」などという謳い文句に踊らされ、我ながら「アホちゃうか」と思いながらも購入しました。

f00000052.jpg

で、さっそく植え付けましたが、ひょろっとした苗木だったので、8号鉢で十分でした。

f00000053.jpg

でも、どちらも接ぎ木部分がずいぶん高い位置で、こういうのは微妙に心配になります。

早ければ3年後ぐらいに収穫できるそうなので、のんびり構えることにします。

あ、高かったので、枯らさないように気をつけなきゃ。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

ポポー  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

筆柿買い直し。 

夏の終わりぐらいに、やたら下の方から芽を出していた筆柿ですが、やはり台木からの発芽で、筆柿本体は枯れていました。

もう一本の富有柿も、ちょろっとしか葉を出さずにこの1年を終えようとしています。

どうも柿の育て方がなってなかったようです。

というわけで、筆柿だけ買っても、富有柿が枯れてしまっては、また同じことの繰り返しになってしまうので、筆柿を受粉樹として使える百目柿を一緒に購入しました。

f00000049.jpg

どちらもずいぶんがっちりした苗木で、8号鉢で植えようと思っていたのに、根も多くて困ってしまいました。

f00000050.jpg

下の方はぎっしりですが、真ん中はそうでもありません。

ですので、下の方はほぐして少し剪定し、結局10号鉢に植え付けました。

最初からあまり大きい鉢だと、水分管理がしにくいのでよくない、という記事を読んだので迷ったのですが、8号ではかなり頭が出てしまうので仕方ありません。

今度の柿はうまく育てられるでしょうか・・・。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

紅秀峰追加。 

先日ホームセンターで「佐藤錦」を買い直しましたが、受粉樹として「紅秀峰」を追加しました。

また、今ある「さおり」とも相性がいいので、それも決め手でした。

f00000051.jpg

今回はネットで買ったのですが、これから果樹の植え付けにいい時期なので、お店のサイトを見てるとついつい欲しくなって買っちゃうんですよね〜。

買って満足しないで、ちゃんと育てないとね。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

さくらんぼ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

トラサイドA散布 

この夏、カミキリムシの大きな被害にあってしまった「藤稔」

幹に食い破られた跡があります。

f00000041.jpg

f00000040.jpg

失敗を繰り返さない為に、本なども読んだのですが、11月のこの時期はカミキリムシの幼虫退治の時期ということで、トラサイドを散布しました。

f00000043.jpg

本当は無農薬の方がいいのですが、しかし何年も育てた木を枯らしてしまっては何にもなりません。

適用果樹のプラムやオレンジにも散布しました。

せっかく主幹が長く伸びて、支柱に2〜3巻きするところまで成長してたのですが、冬の間に大きく切り戻して、また仕立て直しです。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

ぶどう  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ようやく色づいた。 

2年生のいちじく「ドーフィン」です。

寒くなってだいぶ葉を落としていて、あと3〜4枚を残すだけとなっているのですが、秋果が、今になってようやく色づきました。

f00000044.jpg

夏果に比べると、秋果はだいぶ小振りです。

でも来年の準備は着々と進んでいます。

f00000045.jpg

来年夏果になるふくらみができていました。

この冬は植え替えをする予定です。

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

いちじく  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

袋栽培収穫。 

2週間前プランターのサツマイモを収穫しましたが、まだ葉が青々していたため見送っていた袋栽培のほうも色づいてきました。

f00000048.jpg

ホームセンターで売ってる25lの安いヤツで育てていましたが、たまに水やるぐらいで、あとはほぼ放置でした。

その結果は、と言いますと、

f00000047.jpg

こんな感じで、大きいのはありませんでしたが、小振りでも丸かったので、まあよしとしますか。

それより、この前のプランターで採れたのより、色がちゃんとサツマイモ色してるのが気になります。

じゃあこの前のはイマイチだったのかなあ。

まだ追熟中で食べてないのでわからないんですが。

う〜ん。
さつまいも  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

懲りずに佐藤錦。 

夏に、恐らくはハダニ等の虫害により枯らしてしまった佐藤錦。

昨日ホームセンターで苗売ってるのを見て、懲りずに衝動買いしてしまいました。

f00000034.jpg

果樹の中でも、育てるのが難しい桜桃ですから、比較的容易なイチジクや柑橘しか実を成らせたことがない僕には、ちょっと荷が重いのですが、だからこそやりたくなっちゃうので、苗木にとってはいい迷惑だと思いますが、再挑戦です。

f00000035.jpg

ポットの中の根は、まだしっかりと土をつかんでいなかったので、抜いたらすぐに崩れてしまいました。

去年まではすぐに10号スリットに植え付けていたのですが、ひとつだけ8号に植え付けた桃が、すごくがっしりして、しかも花芽もたくさんつけているので、やはり急がば回れで、じっくり育てた方がいいんだな、と実感した今年でした。

ですので、今回も8号に、土、堆肥、くん炭、を混ぜこんで植え付け、支柱を立てました。

f00000036.jpg

元肥は植え付け後1か月ほどたって、根がしっかりしてからやる予定です。

これを40センチぐらいの高さに切り戻しますが、これが一番緊張する作業ですね〜。

でも、これをしないといい木にはなりませんから、思い切って切ります。

f00000037.jpg

f00000038.jpg

切り口を放置すると、枯れ込むことがありますから、トップジンMペーストを塗って作業終了です。

f00000039.jpg

まだこの後も果樹苗を購入予定なので、今のうちに育て方をきちんと勉強しないと!

テーマ: 果樹栽培・畑作・稲作

ジャンル: 趣味・実用

さくらんぼ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

種を蒔きました。 

去年蒔いて大成功だったスナップえんどう。

種が残っていたので、今年も育てます。

昨年はもう一週間早く蒔いたのですが、大きくなるのが速すぎて、真冬の気温で傷んだ枝が何本かでたので、今年は蒔くのを遅らせました。

f00000032.jpg

スナップえんどうは、酸性土が苦手ということで、ほうれん草を収穫した後の土なので大丈夫かとは思うのですが、苦土石灰と堆肥を混ぜ込みました。

ただ心配は、去年と同じ花壇に種を蒔いたんですよね。

スナップえんどうの後、とうもろこし、ほうれん草を育てましたが、エンドウは連作障害が最も激しく起こる作物らしいので、3年以上空けるべきらしいです。

まずいかもしれませんが、ここしか蒔く場所がないので、仕方ありません。

1か所3点で2粒ずつ蒔きます。

f00000033.jpg

窒素が多いとつるボケするので、元肥はなしで、追肥でリンカリ肥料を施す予定です。

さて、連作障害、どうなることでしょうか。

収穫したけど不満。 

ほうれん草がぼちぼち大きくなりましたので、収穫しました。

ほうれん草の場所にはスナップえんどうを植え付けるので、もう空けなければなりません。

f00000030.jpg

今年初めて育てた40日で収穫できるという早生のほうれん草でしたが、ちょっと色が薄いでしょうか。

f00000031.jpg

けっこうナメクジに喰われてしまいましたが、大きなザル一杯に採れたので、半分実家に持っていきました。

今年の秋蒔きでは、発芽せずに蒔き直したり、発芽したものが双葉の頃に喰われちゃったり、うまく育たなかったりで、いつもの年より調子よくなかったです。

プランターにも蒔いたのがあるのですが、そちらもあまり生育がよろしくありません。

今年は出来具合に満足できません・・・。
ほうれん草  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top