08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

伏見甘長撤収~! 

昨日ですが、伏見甘長を撤収しました。

まだ花は咲くものの、枝がかなり長く伸びたため、花自体も小さいし、実が大きくなるまでかなり時間がかかるようになったので、撤収することにしました。



長い間、我が家の食卓を賑わしてくれましたが、さすがに少々飽きてきました。

まだ万願寺も二株控えているので、夏野菜を少しずつ縮小といった感じです。

小さい実はあきらめて、中ぐらい以上のだけ獲りましたが、けっこうな量になりました。



ご近所にもお裾分けして、無事終了。

そういえば、秋になって元気を取り戻した10号スリット鉢の鷹の爪は、なかなかの様子です。



実も大きく、つやもいいです。



まだ夏に収穫したのが、けっこう残っていますが、我が家はとうがらし好きなのでうれしいです。
とうがらし  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

春にんじん惨敗&秋にんじん増し土 

タイトルの通りです。

先月試し堀りして、あまりの短さに慌てて追肥しましたが、あまり効果ありませんでした。

5か月も育ててきたのに…。



全部が全部長くならなかったのは、途中の肥料が足らなかったか、プランターでは深さが足らなかったかのどちらかでしょう。



秋もプランターで育てているので、前者であることに期待しています。

というわけで、秋にんじんこそはリベンジするために、本葉が出てきた今日、肥料を施し、増し土をして倒れないようにしました。



今度こそ!
にんじん  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

間引きしました。 

発芽後、なかなかしっかりと成長してる感じのミニ白菜「お黄にいり」。



1か所4点で植えていましたが、込み合ってきたので、間引きしました。



間引きしてたら、なんか惜しくなってきて、一番元気なやつはそのまま残し、二番手のやつをべつのプランターに移植しました。

三番、四番は摘み取り、二つのプランターで、3株ずつ、計6株の収穫を目指します。



寒くなるまでに、葉の枚数が増えないと、巻かないとのことですが、どうなるでしょう。

気象庁の長期予報では、今年の冬は寒いらしいてすが…。

まだ日中30度を越えているうちに、成長してもらいましょう!
白菜  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

本葉が出た。 

もう少し間隔を詰めて蒔いたと思っていたのに、発芽したら、ちょっとまばらになってしまったにんじん。

深型プランターに三条蒔きです。



本葉が出ているものもあります。

ちょっと成長が揃ってない感じがするのが、心配なところです。

にんじん  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

間引き&増し土。 

成長とともに、だいぶひょろひょろしてきて、自立できなくなった聖護院大根。





なんか変だぞと思い、育て方を調べたら、まっすぐ伸びるように増し土しなきゃいけないんですね~。

無知とは恐ろしいもので、危うくこのまま粘ってしまうところでした。

さっそく間引きをして1か所1本にし、自立するように増し土しました。

さらに、股根を防ぐために、元肥をやっていなかったので、株の周りに化成肥料を蒔きました。



無事にまっすぐ、凛々しい姿になりました!

でもふと思ったのは、聖護院大根は、長大根じゃなくて丸大根なんですが、やっぱり必要だったんでしょうか。

ま、倒れたまんまじゃまずいでしょうから、やっぱり必要だったんですね、きっと。

またひとつ学習しました。
だいこん  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

間引きしました。 

おまけでもらったチンゲン菜の種。

発芽以降順調に大きくなり、本葉が3~4枚になったので、間引きしました。



間引き後の写真を撮り忘れましたが、標準の65センチプランターで1か所1株で、12株にしました。
チンゲン菜  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

苗購入。 

前回蒔いた種は、見事に芽が出ませんでした。

2回目蒔いたのに、それも芽が出ませんでした。

やはりイチゴは種からは難しいようです。

なので、あっさりと諦めて苗を買いました。

近所のホームセンターでは、すでに「章姫」「さちのか」などの人気の苗は、くたくたなのしか残ってなくて、この連休に入ってきたというサントリー苗しか、まともに選べませんでした。

時期的に、まだこれから入ってくるのでしょうし、焦って買う必要はないのでしょうが、選べるときに買っておくことにしました。

これは初めて買いました。

丈夫で作りやすいのがウリのようです。



こちらは去年も買ったのですが、いちばんヨメから評判がよかったので、今年も選びました。

甘いばっかりじゃなく、少し酸味もあって、ちょうどいいんだそうです。



3株ずつ計6株購入。

まだ葉の緑が薄い感じなので、次の週末の定植を目指して、ポットのまま日に当てることにしました。
いちご  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

本葉展開。 

種まきから2週間がたち、本葉が2枚になりました。



ちょっと発芽が揃わなかったりしたのですが、もう少ししたら間引きです。

10月になったら、もう1つプランターを増やす予定です。
ほうれん草  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

元気に生育中。 

発芽して以来、今のところ、水をやる以外なんの手間もかからない水菜。

順調に大きくなっています。



もう少し大きくなったら間引きし、追肥する予定です。
水菜  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

種を蒔きました。 

去年はホームセンターで、売れ残りのひょろひょろ苗を買ってしまったばかりに、不満の残るできとなってしまった玉ねぎ。

来年の収穫は、絶対に満足できるようにするべく、種まきから始めることにしました。



65センチプランターに二条蒔きし、苗を育てます。

鉛筆の太さより、やや細目のものが、トウ立たちせずいちばんいいとのことなので、それを目指します。

立派な苗ができるでしょうか。

玉ねぎが採れるまで、まだ9か月ありますが、いまから熱入ってます。
たまねぎ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

粘ってはいるけど…。 

日中は30度を超える日が多いですが、朝晩窓を開けて寝ては、風邪を引くぐらいの気温になってきました。

それとともにオクラを骸骨みたいにボロボロにしていたハマキガの被害が減り、最近新しく展開した葉はキレイなままです。



高さも、花壇の段差を差し引いても、170センチの僕の身長を超えています。



収穫も毎日のように続いているのですが、今度はイボ果が混ざるようになってきました。



イボ果の原因としては、肥料切れや日照不足、根詰まりなどが考えられるようですが、そのどれもが当てはまりそうです。

とりあえず、解消可能な肥料切れはつぶそうと、追肥はしておきました。

そういえば、種採り用に放置してある実は、こんなに大きくなりました。

写真だと判りにくいですが、30センチは優にあります。



もう1か月ぐらいもちそうなので、これがどこまで大きくなるかも、楽しみの1つになっています。
オクラ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この後どうなる? 

相変わらず繁っているアスパラガス。



最近は太い茎も増えてきて、自立できているものも増えてきました。

先日の暴風雨でもだいぶ強風に煽られていましたが、倒れることはありませんでした。

そんな中、太い茎に蕾?実?らしきものが付きました。



また葉の生え方も他の茎とは違って、なかなか葉が広がりません。

秋になって新しい展開になったのでしょうか。

初めて育てるので、寒くなると枯れるのはわかるんですが、それまでの過程がよくわかりません。

収穫のほうはというと、たまに1~2本ほど採るだけで、忘れた頃にという感じですが、甘くて美味しいのが味わえて、満足しています。



雑草が攻めてきているので、次の三連休には
その作業と追肥をする予定です。
アスパラガス  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

台風一過。 

皆さま台風の被害はなかったでしょうか?

皆さまの無事をお祈りいたします。

さて、東海地方はまさに「台風一過」で爽やかな秋晴れとなっています。

多治見は昨晩から肌寒く、朝は13度とかなり低かったので、毛布入れて寝ました。

今朝はちょっといつもより早起きし、庭を見て回りました。

だいたいの作業は、昨日の夕方雨が止んでからやってあったのですが、今朝はその確認です。

一番心配だったのは、今月定植して根付いたものの、まだしっかりした茎になっていないブロッコリーです。

「すずなりブロッコリー」は大丈夫でした。



「ブロッキーニパープル」はちょっと斜めになっちゃいましたが、まずまず元気です。



ところが「ホワイトラディッシュ」は、もともとひ弱だっただけあって、支柱もうまく機能せず、倒れてしまいました。

こっちは二日前までの姿です。



こちらは今朝の様子です。

無理やり起こして結わえ直してありますが、主枝が曲がって、葉も捻れちゃってます。



ここから立ち直れるのか疑問ですが、温かく見守っていこうと思います。

がんばれホワイトラディッシュ!
ブロッコリー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

お黄にいり発芽~! 

昨晩から今朝にかけて、すごい雨風でしたが、芽が出たばかりの野菜たちも、そのまま外に出してましたが、倒れることなくなんとか無事でした。

蒔いて5日で発芽したミニ白菜「お黄にいり」です。



次は間引きですね!
白菜  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

発芽しました。 

まいて6日かかりましたが、発芽しました。

発芽までが難しいと言われるニンジンですが、さすがに買ったばかりの種だったからか、順調でした。



深型プランターに3条と、10号スリット鉢に1周蒔きました。

イマイチの春蒔きの失敗を繰り返さないように、今度はきちんと管理しないと!
にんじん  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

成長中~。 

8月20日に差し芽をした脇芽3本ですが、順調に成長しています。

第2、第3花房まで来ていて、花を咲かせています。



実をつけたものもあり、どこまで大きくなるか興味津々です。



9月も中盤になり、朝晩は涼しいとは言え、日中は30度を超える日が多いですが、さ~てどこまで粘りますか。

ちょっとヒョロッとした感じなんですが。

ミニトマト  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

発芽しました。 

大根同様、種まきして4日で発芽しました。



この双葉の段階では、大根もチンゲン菜も同じに見えますね~。

収穫まで速いらしいので、どんな風に成長していくか楽しみです。
チンゲン菜  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

聖護院大根発芽~! 

種まきから4日で無事発芽しました。



元肥を施していないので、このあと本葉が出てきたら化成肥料を周りにまく予定です。

もちろんネットをかけてあります!
だいこん  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

サラダ水菜発芽~! 

お手軽な野菜、水菜。

発芽もむずかしいものではなく、発芽して当たり前の野菜です。



成長も早いし、食卓に並べるのが楽しみ~。

この先しばらくは採れたら植えて、と続けて栽培していく予定です。
水菜  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

発芽~! 

「あま~いほうれん草」発芽しました!



ネキリムシにやられないようにネットをかけ、このまま成長を見守ります。

本当に美味しいんですよ~このほうれん草!
ほうれん草  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

まだまだ元気! 

9月中旬となりましたが、まだまだ枝を伸ばし、たくさんの実をつける万願寺とうがらし。



野菜用の75センチ深型プランターが、めっちゃ小さく見えます。

枝が伸びすぎてて、どこで折れても不思議ではない感じです。

支柱と枝を、ビニールひもで結んでいますが、次々分枝して伸びているので、おっつきません。

花も次々つき、落花するのも少なく、食べても食べても実がなります。



採りもれしてて、赤くなってからわかるやつもいます。



伏見甘長はちょっとおつかれで、実も小さく、もう終盤って感じなんですが、万願寺とうがらしだけでなく、真夏は元気なかった鷹の爪もすっかり元気になって、次々咲いています。





はてさて撤去はいつ頃になるでしょうか。

正直万願寺とうがらし、食べ飽きてきたんですけど…。
とうがらし  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

しその穂 

まだ冷奴の薬味として活躍中のしそ。

ほとんどすべての葉先から穂が出てきています。



他の花みたいに下から順番に咲くとかではなく、列単位で咲いていくのが面白いです。

これだけ咲けば、来年からは勝手に生えてきそうですね~。



穂じそも食べられるそうですが、自分が食べたことがないので、どんな味なのか、全然イメージがわかず、そのまま放置しています。

この三連休にでも試してみようかな。
しそ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

復活しつつあります。 

暑い折りに、あまり食欲をそそられない姿になってきたので、撤去したバジル。

土が湿っていてうまく抜けなかったので、10センチほどの枝の状態で、乾くまで放置していました。

その後何度か雨が降り、放置する期間が延びていたら、新しい葉が出てきました。



さすがハーブ系は強いな~と感心しました。

摘芯のつもりで、頭頂部だけつんでパスタに載せましたが、季節柄若干苦味が出てたものの、十分食べられました。

しばらく見守ってみようと思います。
バジル  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

定植しました。 

8月28日に発芽したサンチュ。

それから2週間弱たって、本葉が3~4枚になったので、定植しました。

ちょっとごちゃごちゃしてますが、こんな感じでした。



大きく立派な葉をつけているのを選び、鉢とミニプランターで5株にします。

蛎殻石灰、堆肥、化成肥料を夏作の古土に混ぜて植えつけました。





虫除けに不織布をかけて、あとは水やりと追肥ぐらいでしょうか。

お手軽だけど栄養満点なところが素敵です。

こいつらは冬いっぱい活躍してくれると期待しています!
サンチュ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

種を蒔きました! 

大根って食べるし、ないと困る料理も多いので大切なことはわかっているんですが、大好きってわけではなかったので、あまり育てようという気にならなかったのですが、ちょっと挑戦してみることにしました。



普通の大根みたいに長さを要求しないので、プランターにはぴったりな気がします。

袋にも「浅土でもよく育ちます」と書いてありました。

ただ標準プランターではちょっと心配だったので、深型プランター二つで6つの収穫を目指します。

にんじん同様肥料に当たるとまた根になるとのことで、元肥は入れず、堆肥のみでいきました。

さて年末ぐらいにはおでんや、おろしで食べられるでしょうか。
だいこん  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

もらったので。 

まったく作ろうなんて気はなかったのですが、ヨメが通販で健康食品を買ったら、おまけでついてきたので、放置するのもしのびなく、種を蒔きました。

65センチの標準プランターで二条6粒ずつです。



我が家では、いまだかつて食卓にのぼったことがない野菜なので、どのように食べるかもよくわかりませんが、まあ適当に。
チンゲン菜  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

種を蒔きました 2 

水菜の種を蒔きました。

昨年までは大株の品種でしたが、今年はサラダ用水菜の種を選びました。



途中で肥料切れだったのか、水を切らしたのか、最初は甘味があって満足できるんですが、途中から苦味が出てきて、鍋に入れても春菊に近いような味になっちゃうんです。

なので品種を変えてみたのですが、さあどうでしょうか。

美味しければ次々作っていく予定です。
水菜  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

種を蒔きました。 

今日は有休をとったので、朝からひたすら夏野菜を撤去したプランターの土ふるいでした。

そしてプランターに3分の2程度戻し、堆肥と蛎殻石灰、元肥を施し、種まきです。

苦土石灰を混ぜて一週間程度待つというのは、無理なので、すぐに肥料を混ぜ込める蛎殻石灰を使っています。

さて、今回まいたのはこちら。



プランターで白菜というと、もうほとんどこのミニ白菜「お黄にいり」になってしまうのではないでしょうか。

今回はプランター2つで5球の収穫を狙います。

だいたい冬場の日曜日は、鍋になることが多いので、ひと月ぐらいしか持ちませんが、初めてなのでこれぐらいで。

もう1~2週早いほうがよかったかなぁ…。
白菜  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

種まき&がっかり 

にんじんの種を蒔きました。

元肥を施すと、また根になるというので、堆肥のみです。



みなさんのブログを拝見していると、もうとっくに蒔いてて、既に本葉がだいぶ伸びている写真を見るので、8月にまくべきだったか、と焦り気味です。

でもあんなに暑いと作業する気になれなかったんです。

そして、4月の末にまいたにんじんを試し堀りしました。



太さはいいのですが、全然短くてがっかりです。

大きくなるかはわかりませんが、追肥して、あと1か月は植えておくことにします。
にんじん  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

植えつけました。 

昨年は嘉定という品種でしたが、今年はポピュラーな人気の「ホワイト六片」にしました。



青森産の冷地向けの品種ですが、多治見の冬もたいがい寒いので、いけるでしょう。

これぐらいのものが採れたら嬉しいな~っていう種球が入っていて、これより小さいのしかできたら凹むでしょうから、すでにプレッシャーです。



一片ずつばらし、大きいのを選んで、5センチぐらいの深さに植えます。



結局プランター二つで18片を植えました。

つまり3球分です。

残った2球はどうしましょう。食べられるんですよね?

植えたほうは、栽培期間が8~9か月と長いので、元肥はやや多目に混ぜときました。
にんにく  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top