02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

デストロイヤー発芽! 

3月10日に植えつけたデストロイヤーが発芽しました!

10号深型スリット鉢二つと、深型プランター1つに植えたものが、無事そろって発芽です。

昨日はなんか土が盛り上ってるな、そろそろ出るのかな?と思ってたら、今朝起きたら一気に出ていました。

2013330.jpg

2013332.jpg

もっとか細い芽なのかな、と思ってたら、けっこう骨太な感じでびっくりしました。

ちょっと写真のサイズが大きいですね・・・。いろいろやってみます。
じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

朝露に光る 

ついに朝露に濡れる季節になりました。

上旬までは霜だったので、季節の移ろいを感じます。



葉先に水滴がついて、王冠みたいになっています。

実も「いちご」って感じに膨らんできました。



上は「蜜香」、下は「おおきみ」です。

いちご  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

白ネギ種蒔き 

万能ねぎに続き、白ネギの種を蒔きました。



去年買った種なんですが、今見ると高かったんですね…。

万能ねぎと違うのは、白ネギは何度か土寄せをして白い部分を作るということなので、深型プランターに半分程度土を入れ、種を蒔いた点です。

また、リン酸が多い方がいいというので、マグァンプという肥料を元肥として混ぜこみました。

リン酸40って効きすぎることはないんだろうか?



そしてこちらも新聞紙をかぶせて10日待ちます。
ねぎ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

残った種芋 

みなさんは残った種芋はどうしてるんでしょうか?
特にプランターでやってると、種芋はある程度まとまった量で売ってるので残りませんか?

それとも残るなんてことはないんでしょうか?

捨てるのも忍びなく、かといって芽が出てるのを食べるわけにもいかず、しかしもったいないので予定のプランター数をオーバーして無理矢理植えることにしました。

前回植えたあとしばらくほっといたので、けっこう盛大に芽が出ています。





今までは70センチプランター一つに二つ植えていたのですが、今回は三つ植えです。



狭い庭に、プランター三つ、鉢六つとかなりのスペースをとっています。

まだまだこれから夏野菜を色々植えたいのに、どうなるでしょうか?
じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

本葉が開いた! 

最初に発芽したのが13日でしたから、それから10日あまり。

本葉が開きました。



双葉の間に本葉のちっちゃいのは見えていたのですが、広がったのは初めてなので、なかなか嬉しかったですよ。

朝晩まだまだ冷えるので、温室もどきのプランターからはなかなか出せませんが、少しずつ少しずつ成長しているのが実感できます。
なす  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

種蒔き 

万能ねぎというのは、青ネギの一種らしいのですが、ここではこの名前で行きます。

種はトーホクの「万能小ねぎ」です。



ほうれん草の空いた標準プランターで育てます。

土もそのままですが、根をとるためにフルイにかけ、腐葉土を混ぜ、苦土石灰をまいて1週間放置しました。





苦土石灰をまいてすぐに堆肥などを混ぜこむと、窒素分が分解されてしまうそうです。

ですので1週間経った今日、堆肥、牛ふんを混ぜこんで種蒔きをしました。

二条の筋まきで、間引きした分も冷奴の薬味でいけるので、ちょっと多目に蒔きました。

そして水をたっぷりかけて、乾かないよう新聞紙をかけました。



10日ぐらいで芽が出るので、それまでは水をやらず、芽が出て新聞紙を外したらたっぷりやると、袋には書いてありました。

また楽しみが一つ増えました。
万能ねぎ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

追い込みなるか? 

先月25日にアップした写真と比べると、あんなにヒョロヒョロだった葉が、だいぶ太くなってきました。



とはいえ、それでも普通に育ったたまねぎには遠く及ばないんですが。

しかし、できの悪い子ほど可愛い、という言葉もありますし、化成肥料で追肥をしました。

そしてこれが最後の追肥で、「肥止め」です。

さああと3か月ぐらいでしょうか、どれぐらい大きくなってくれるでしょう。楽しみです。
たまねぎ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

タワラヨーデル植え付け 

デストロイヤーに遅れること1週間、だいぶ芽が出たので、植え付けることにしました。



デストロイヤーと違って、芽にかなり産毛が生えています。



種芋が小さいものばかりだったので、切らずにそのまま植えました。



10号深型スリット鉢二つと、深型プランター一つで四つの種芋を植え付けました。

種芋が小さいからあまり採れないかな?

先週植えたデストロイヤーはまだ地上に芽を出していません。
芽を出すまではやきもきする日が続きます。
じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

ゆっくりゆっくり 

前回株分けして植え直したニラですが、ようやくキレイな緑の葉が伸びてきました。

でもまだまだまばらで、葉が出てないものもあり、頼りない感じです。



アップで撮ると勢いよく見えるんですけどね。



収穫できるのはまだまだ先のことですね。

のんびり構えて待つとしましょう。
ニラ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

花が増えました 

先週は朝晩だいぶ冷えましたが、それでも冬の寒さとは違って、どこか春を感じる寒さでした。

そのせいか、いちごの花が順調に咲いています。




これは「おおきみ」です。


こちらは「蜜香」です。


こちらも「蜜香」
朝起きると、新しい花の自家受粉をするのが、ここのところの日課です。

2月末にした追肥(化成肥料8-8-8)が効いてるんでしょうか。
他に週1回液肥をやっています。



枯れかかっている葉も整理しましたが、花数に比べて葉が少ない気がするんですが…。

それから、花も葉も短くて、クラウンの近くに窮屈そうに固まっているんですよね~。

もっとプランターからはみ出て垂れ下がるぐらいになるんですよね?
これから伸びていくのかな~。

今はそれが疑問です。
いちご  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

発芽温度対策 

さらに発芽し、現在12粒中7粒が発芽しています。
このポットは3つとも全部発芽しました。



発芽に20度以上が必要だという茄子の発芽。

種を蒔いてから、ポットをプランターを二重にしたものに入れて、ビニールをかぶせていたんですが、1週間経ったころ、これじゃ足らないと思い、寒さ対策としてこれを買いました。



15分の充電で3~6時間もつという湯たんぽ?です。しかも1回の費用は2円!
Amazonで698円(送料が500円つくのが釈然としませんが)で購入しました。



ついてたフリースの袋を汚さないようにジプロックに入れて、プランターとポットの間に挿し込みます。

さらにビニールをかぶせて、



さらに、デロンギのオイルヒーターを一番弱く設定して、その上に置いています。



これを始めてから、1週間たたないぐらいで無事発芽したので、効果あったんだと思っています。

もっと気温が上がるまで、しばらくはこれでいこうと思います。
なす  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

発芽! 

ポットに種を蒔いていたvioletta di Firenze がついに発芽しました!

2月24日に蒔きましたから、17日間!2週間強かかっての発芽でした。
12粒蒔いたうちの、まだ3粒が発芽しただけですが、今後に期待です。

本葉6枚ぐらいになるまで、このままポットで育苗します。

201335.jpg

産毛が光ってて、みずみずしいです。

201337.jpg

こちらも明日には起き上がりそう。

201336.jpg

そういえば今日はPCからアップしていますが、スマホからアップしたときと写真の扱いが違ってて、よくわかりません。PCからだといったんアルバムに保存されるんですよね~。
まだまだです。

なす  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

順調に収穫 

気温が高くなり、冬と違って明らかに大きくなったほうれん草を収穫しました。

葉の厚みも増し、色も濃緑になり、おいしそうです。


プランター4つのうち、写真のプランターのをすべてと、蒔いたのが遅くてまだここまで大きくないのを間引きを兼ねて収穫しました。



晩ごはんに豚ちりにしていただきました。
相変わらず甘くておいしかった~!

これだから家庭菜園はやめられませんね。
ほうれん草  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

デストロイヤー植え付け 

ついにじゃがいも植え付けました。
前日に重さを量り、どのように植えるか目星をつけ、いよいよカットです。
だいたい一個から1~2本の茎を伸ばすのがいいので、芽の出方も大切です。



こいつは、頭の部分をカットし、二つの芽以外は爪で折りました。



こいつは重さがあるので二つに切ります。



切ったどちらにも二つずつ芽が残るよう、ちょっとドキドキしながら切りました。



外見からは想像つかないほど、キレイな黄色で、ちょっと感動しました(笑)

皮のほうが、緑がかっていて、これが日に当てた結果の「緑化」でょうか。

さて、切り口には草木灰をまぶしました。
春植えは腐る危険があまりないので、必要ないらしいですが、これも見るサイトによっては、1~2日乾かしたほうがいいとか諸説あるので、まぶすことにしました。



そして、いよいよ植え付けです。
プランターの半分ぐらいの深さに種芋をセット。
深型なので、約20センチぐらいのところです。





その前に土を被せ、種芋から少し離れたところに草木灰をほどこしてから、さらに土をかぶせます。



合わせて5センチぐらいかぶせました。

これで終了。芽が地上に顔を出すまでは、水は控えます。
芋の養分だけで十分育つし、腐敗防止にもなるとのこと。

といっても水曜日の予報は雨。
取り越し苦労であることを願っています。
じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ついに植え付け! 

二週間にわたって、土壌改良のため庭を掘って粘土や石を取り除く作業を続けてましたが、ようやく終了し、ずっとポットのまま置いていたアスパラガスを植え付けました。



ビニールポットを外すと太い根が数本と細い根がたくさん生えてました。
ホームセンターで売ってる苗を見ると、太い根だけで細い根は見えなかったので、意外でした。

細い根を切りながらもなんとかほぐすと、かなり長かったです。



乾燥に弱いというので、手早く植え付けなければ、と焦りながらも5センチほどの深さの畝を掘り、基本的に横に根を伸ばすため、広げて植えます。



結局ポット3つを一か所に、もう1つ残った苗を別の場所に植え、灌水して作業終了!

下の赤丸のところに、3つ平行に根を伸ばして植えました。



苦労して掘り起こして土の入れ替えを行ったので、終わったときは感無量でした。
次は、新芽が出るまでがまたハラハラです。
アスパラガス  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

種芋体重測定 

浴光育芽の成果、というか今週ずっと残業続きでほったらかしにしてたら、気温がぐっと上がったせいで、かなり芽が出ました。

サイトによっては、5ミリぐらいの芽がいい、ってことなのですが、もっと伸びてます。


ちなみに右のデストロイヤーは明日植えます。
左のタワラヨーデルはみんなこのぐらいで、芽の太さも細いので、もう一週日に当てようと思っています。

前回のデストロイヤーはこんな芽でしたが、比べてみると色が全然違っています。


太いしっかりした芽を作るのも浴光育芽の目的の一つなので、タワラヨーデルも太く成長してほしいです。

で、明日の植え付けを前に、デストロイヤー全六個の体重測定を行いました。

種芋の重さは、40~60グラムがいいということなので、どんなものか知りたかったのです。
ヨメに料理用の秤を借りたのですが、こんな感じです。


で、結果発表です。


ちょうど60グラムのものがありますので、それ以上のものは半分にカットし、それ以下(といっても二つですが)は、そのまま植えてみることにします。
じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

受粉&アブラムシ対策 

今朝いつもより30分早く目が覚めたので、出勤前に庭いじりをしました。

蕾がついていた「蜜香」の花が咲いていたので、ヨメのいらない化粧のブラシをもらって受粉作業をしました。

たまたま最近暖かいだけで、まだ時期的には早いのかもしれないけど、この株3つ目の蕾だったのと、他の株にも蕾がつきだしたので、試しにやってみました。

受粉は午前中がよく、またまんべんなくしないと形がガタガタになるとのことなので、丁寧に丁寧に力を入れず優しく(笑)しました。



また、不織布だけではアブラムシは通り抜けてしまうことがわかったので、不織布をかけてある支柱にアルミホイルを巻きました。





今までシシトウやサンチュなどにこの対策をしましたが、これをやっとくとアブラムシはつきませんでした。

ベランダと庭なので、環境が変わりましたが、なるべく農薬は使いたくないので、過去と同じ効果を期待してやってみました。

今後、さらにプランターのまわりにも貼りつける予定です。アブラムシ退散!
いちご  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

成長再始動! 

朝はまだ庭のバケツの水に氷が張りますが、日中は昨日12度、今日は15度と上昇し、明らかに葉にも勢いが出てきました。



12月から、まったくといっていいほど変化がなく、ただ水をあげるだけだったにんにくも、葉が上を向いてぴんと伸びています。
また、ずっと葉の枚数も変わらなかったのに、真ん中から新しい葉が伸びてきていて、全体に色も生き生きとした色になり、茎もかなりがっしりしてきたのがわかります!



土の中はしっかり生育してるかな。おのずと期待も大きくなります。
にんにく  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

蕾が出てきた 

多治見も先週末から暖かくなって、特に日中はぽかぽか陽気です。明後日からは4月下旬の気温だとか。
今朝見たら、我が家のいちごたちも蕾がいくつか出ているのを発見しました。
まだ葉も大きくなってないので、このまま咲かせて株が弱らないか心配ですが、試しにいくつか受粉してみようかとは思っています。


サントリーの本気野菜「蜜香」です。


こちらも同じ「蜜香」ですが、こちらは前回も花を咲かせました。今度も花は摘んでしまいました。

こちらは初めて蕾をつけた四季成り「ドルチェベリー」


冬の間はずっとほとんど変化がなかったけど、寒さがゆるむとともに成長しだして、毎朝見るのが楽しみです。その分早起きしなくては!
いちご  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

土壌改良は一日にして成らず 

先週苦土石灰をまいて、今日は堆肥や腐葉土を混ぜて、いよいよアスパラガスを植え付けるぞ~と気合い入れて臨んだ週末。

30センチほど掘り起こしたら、見事に粘土や石がゴロゴロと…。しかも粘土は層になってました。



画像の右手で青緑っぽい塊があるところが粘土です。そのまわりにもけっこうあって、スコップで掘っていてもめっちゃ重いんです。



こりゃ植えても根は伸びないだろうな、と思い、石と、握りこぶし以上の大きさの粘土はできるだけ撤去し庭の片隅に山盛りに。
そして腐葉土40l、堆肥30lと、牛ふん、赤玉土、化成肥料を少しずつ、粘土をとった元の土と元肥入りの培養土40lをよく混ぜ合わせました。
費用的には約1500円(腐葉土500円、堆肥400円、培養土600円)かかりました。



なんとか40センチから50センチの深さで1平方メートルは入れ替えできたと思います。ちなみに土日とも一日4時間ほどやって、やっと1平方メートルです(途中ヨメと買い物行ったりしないと怒られますから)。それでもかなり腕や腰が痛いです。

まだあとちょっと残ってしまったので、結局今週も植え付けできず、まだポットのままです…。

アスパラガスは横に根を伸ばすらしいので、そこまで深く掘らなくてもいいのかもしれませんが、
意地になって掘ってた部分もあります。できるだけ土壌改良したほうが、少しでも多く、美味しいものが採れると信じて。
アスパラガス  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

浴光育芽 

届いた種芋は、現在2階の日当たりのいい場所で日に当てています。
植えつける前に、5ミリほど芽を出させるためですが、これを「浴光育芽(よっこういくが)」というんだそうで、
じゃがいもの育て方をググるといっぱい出てきます。
ほかに「浴光催芽」というのもあるそうですが、こちらはもっと長期間にわたって芽を出させる処理だそうですが
いろんなサイトを見ると、どっちでもいいような気もします。

いずれにしても、この「植え付け前に日に当てて芽を出させる」というのは、利点が多いらしく、いろいろなサイトに書いてあったことをまとめると以下のようになります。

1、出芽が早まり、若干早く収穫できる。
2、初期生育が促進されるために、肥大が早まり、安定した収穫量が望める。
3、茎数が増え(1~2本)、いも数が増える。
4、植付前に、ひ弱な芽をつけているものを除くことができるので、欠株を無くし、均一な生育、品質の均一をはかることができる
5、植付後の伸長が急速で、草丈が低めの丈夫な生育となり、倒伏や病害発生が減少する。
6、でん粉価の上昇が早く、完熟が早まる。
7、小粒種いもが使用できるため、種いも必要量を大幅に節減できる。


ただ、サイトによっては、早く収穫できるが収量は減る、と書かれていたものもありました。
ネットの情報って相反するものがけっこう出ているので、多数派をとったり、権威のありそうなほうを支持したり、自分に都合のいいほうをとったり、といろいろですが、振り回されないようにはしたいものです。

さてさて、そんなことを1週間ほど続けてますが、うちの種芋は現在こんな感じです。

デストロイヤーは順調に芽が出てます。
201332.jpg

201333.jpg

201331.jpg



タワラヨーデルは名前に反し、ほとんど出てません。
201334.jpg

デストロイヤーはそろそろ植え付けてもいいのかな、と思うのですが、多治見の天気予報を見ると、明日の朝がマイナス3度の予報だったのと、火曜日以降はずいぶん気温が高くなるらしいので次の週末に植えることにしました!

じゃがいも  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

株分け 

プランターで育ててた韮を、2月の上旬に植え替えました。
植え替えなきゃな~と思ってたけど、順調に収穫できてたのでつい放置してて、気がついたら5年も経ってました…。
で、休眠しているこの時期が植え替えにはいい、とのことだったので。

プランターをひっくり返すと根がからみあって、えらいことになってました。
夫婦二人だし、プランター一つで十分な量が収穫できるので、可哀想だけど小さい球根とか形の悪そうなのは処分しました。

一生懸命根をほぐし、土も新しく赤玉土と腐葉土と堆肥とを混ぜて植え付けました。
5本程度まとめて植え付けるそうですが、またしばらく放置しても大丈夫なよう、3本でまとめて7~8センチ間隔で植え付けました。

以下は植え替え後2週間たったプランターのアップですが、暖かい日も増えてきて、新しい葉が出てきました。きれいな緑ではなく、赤い色も混ざっているので、もう少し伸びたら一度剪定してやる必要があると思いますが、枯れた茎から新しい葉が出ている様子は、いくら眺めても飽きません。





ニラ  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top