09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

バナーネ初収穫! 

今日はヨメと、4月に名古屋駅にできた「ゲートタワー」という高島屋やビックカメラ、ユニクロなどが入った商業施設に行って来ました。

170413.jpg

新しい名刺入れが欲しくて見に来たのですが、ここではあまり気に入ったものがありませんでした。

そのあと革製品で人気の「土屋鞄」なども見に行ったのですが、結局名鉄で「キプリス」という日本製の皮革製品ブランドのものを買ってもらいました。

IMG_0835.jpg

ダークブラウンのコードバンに、赤のステッチが入っているのですが、ちらっと見えてるように
中が赤でオシャレなんです!

IMG_0836.jpg

気に入ったものを長く使いたいので、いいのが見つかってよかったです!

ちなみに17000円と、高すぎず安すぎずで、納得の価格です。

さて、いい買い物をして気分良くうちに帰ってきて、
待っていたのは「バナーネ」の夏果です!

img1419.jpg

今年のいちじくは、暑さのおかげかどれも好調なのですが、その中で先陣切って
今年の第1号です。

さわるとだいぶ柔らかかったので、熟しているのは間違いないと思っていましたが、実際に切ってみると・・・

img1435.jpg

いい感じです!

糖度は・・・

img1436.jpg

14、6度と期待したより低かったので、甘みがのってないのかと心配になりました。

でも、これが食べてみると、しっかり甘くて、絶品でした!

ちなみにネットでは、「バナーネ(ロング・ドゥート)」は熟しても赤くならない白いちじく。秋果は濃厚で糖度は18−20度だが、夏果はあっさりめの甘さ」ということで、特徴通りだったようです。

来月半ば頃には秋果の収穫が始まりますが、この感じなら十分期待できそうで楽しみです!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

いちじく  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

今年は絶好調! 

いただいたコメントを読むと、雨がしばらく降ってない地域もあるようで。

自分のところが毎日のように降って、ニュースでは水害が多いので、日本全国どこも梅雨前線が活発なのかと思ってました。

仕事だったので直接見てませんが、多治見は今日も短時間に強い雨がザッと降ったようです。

じゃがいもが腐ってないか心配・・・。

さて我が家の果樹ですが、柿は前年並み、ぶどうは品種によって波があり、キウイは1株ならず、柑橘はいい感じ、とそれぞれ差はあるのですが、その中で
すべての株が絶好調!なのがいちじくです。

うちではいちばん古株の「桝井ドーフィン」は、夏果がつかなかったものの、
こんな感じで鈴なりになっています。

img1365.jpg

ちょっと実がつきすぎかな。

あまりたくさんならせると、ひとつひとつが小さくなってしまうので、摘果したほうがいいかも・・・。

img1367.jpg

とりあえず明日追肥しとこうっと。

こちらは去年初収穫だった「バナーネ」

こちらも夏果は少なかったんですが、秋果ががんばってなってくれてます。

img1368.jpg

夏果はちょっと黄色くなってきました!

img1369.jpg

こやつにも追肥しとかにゃ。

そしてこれも2回目の収穫となる秋果専用種の「ノアールドシュクレ」

img1370.jpg

横に広がっちゃったので、アスパラの茂みに枝を突っ込ませてあります(笑)

これが我が家ではいちばん小粒の実がなります。

甘さが濃すぎてくどいぐらいなので、
私はあまり好きじゃないのですが(笑)
ヨメは大好き
なようですので、これだけなったら喜んでくれることでしょう。

img1372.jpg

これだけなったらジャム作りもできそうかな?

今年はいちじくが当たり年のようですから、
思いっきり堪能しますよ〜!
いちじく  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

夏果も秋果も! 

きのうのキウイに続いて今日も果樹です。

「桝井ドーフィン」「バナーネ」「ノアールシュクレ」の3本展開です。

このうち「桝井ドーフィン」と「バナーネ」は夏秋両方の果実が実るはずなのですが、
「桝井ドーフィン」は夏果がつきまでんでした・・・。

一方の「バナーネ」はおととしの冬に導入したので、去年は夏果は生りようがありませんでしたから、今年が初めての機会です。

img1093.jpg

ちょっと10号鉢には枝数が多く5本伸ばしているのですが、樹勢が強めなのでよく育ってくれてます。

そして、期待の夏果が大きくなってきました!

img1094.jpg

2つだけですが、小さい実が多いイチジクの中では、
かなり大きな実がなる・・・ハズなので、楽しみです。

さらに、すぐ上の葉の脇には、秋果も顔を出しています!

img1095.jpg

追肥として魚粉を施しておきました。

また、プランター栽培している秋果専用種の「ノアールシュクレ」

img1109.jpg

こちらも、秋果が出てきています。

img1108.jpg

この「ノアールシュクレ」、ちょっと甘さが濃すぎて私の好みではないのですが、
ヨメはその濃厚な甘さが大好きなので、ヨメ専用です(笑)

さ〜て、夏野菜が大きくなるとともに、果樹たちも実がはっきりしてきて、
どんどん我が家菜園がにぎやかになってきました!

今年の秋が、実りの秋となり、収穫祭を迎えられるように、がんばりますよ〜!

それまでまずは、打倒!害虫&病気!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

いちじく  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

なぜ今頃? 

今日は昼から雨が降って、家の中にいても、かなり冷え込んで感じます。

パソコン打ってても手が冷たくて、動きが鈍いです。

こりゃそろそろ暖房がいるな、と思いましたが、まだ今年は灯油を買っていなかったので、ストーブは出したもののつけられません。

我が家はファンヒーターやエアコンの風は、肌が乾燥するのが嫌なので使わず、
昔ながらのストーブ&ヤカンで、これに敵うものはない、と思っています(笑)

というわけで、今日は昨日のうちに撮っておいたいちじくです。

まずは、プランターで育てている秋果専用種の「ノアールシュクレ」

IMG_75732.jpg

写真の撮影用に下に下ろしたのですが、こうして見てみるとかなり枝の配置がいびつな感じです。

冬の剪定で整えるようにしたいです。

ひと月ぐらい、収穫がず〜っと止まっていて、緑の実がついたままだったのですが、ここのところようやく色づいてきました。

IMG_75712.jpg

とっても小ぶりなので、スプーンですくうっていうより、ちょっとつまむ感じです。

でも相変わらずネットリと甘くて、まだもうちょっと楽しめそうです。

そして、ちょっと不思議なのは「バナーネ」です。

IMG_75752.jpg

なぜか実が大きくなってきました。

IMG_75762.jpg

IMG_75722.jpg

下の写真の、上についたやや赤くなっているのは、このあとポロっと取れてしまったのですが、こんな時期に肥大を始めるっておかしい気がするんですよね〜。

これも不順な天候に振り回されて、カンチガイでもしたのかな〜。

もう一株ある「桝井ドーフィン」は目立った動きはなく、来年のために養分蓄えてる、って感じですから、同じ夏秋種の「バナーネ」だけなぜ?って、余計にそう思ってしまうんです。

この前まで気温高めでしたから、「狂いなり」って感じ?

収穫までいかなくてもそれはそれで仕方ないのですが、来年の収穫に影響しないことだけ願っています。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

いちじく  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

ノアールシュクレの収穫! 

それまで住んでいた愛知県から、今住んでいる岐阜県多治見市に越してきて丸5年。

岐阜県人としてはまだまだビギナーなので、岐阜をもっとよく知らなければ、ということで、岐阜の名物「鵜飼」に行ってきました!

思ったよりお客さんが多くてびっくりしましたが、屋形船で鵜飼の舟と併走しながら漁の様子を見るのですが、篝火の明かりが雰囲気あって、なかなか堪能することができました。

♪写真をクリックすると大きくなります(横のは2回クリックでさらに大きく!)ので、よかったらぜひ♪

IMG_70752.jpg

鵜飼の舟は一度に6艘が出て、1艘で12羽の鵜を操って鮎を獲ります。

ちなみに、鵜匠さんが宮内庁式部として国家公務員だとは知りませんでした。

ということで、おとといは残業で、昨日は鵜飼で更新ができませんでしたが、「桝井ドーフィン」「バナーネ」と収穫が続いていたいちじくの最後の品種、「ノアールシュクレ」の収穫が始まりました。

IMG_69121.jpg

うちで唯一の秋果専用品種ですが、一本仕立てを狙って失敗してしまったり、6月には病気で枯れそうになったりしたものの、なんとか初収穫にこぎつけることができました。

IMG_69131.jpg

熟すと、こんな感じで横に割れてくる感じなんですね〜。

IMG_69322.jpg

我が家いちじく揃い踏み〜!

一番下と右下が「ノアールシュクレ」で、サイズはもっとも小さいです。

白っぽいのが「バナーネ」、赤紫が「桝井ドーフィン」です。

切ってみると、適度に果汁があって美味しそう〜。

順番変わって、左の列の真ん中が「ノアールシュクレ」です。

IMG_69372.jpg

気になる糖度は・・・

IMG_69362.jpg

小さいながらも、甘みが凝縮されているのでしょうか、20度を超えました!

20度超えても、しつこい甘さではなく、上品な甘さでおいしかったで気に入りました。

ただ品種としては30度超えもあるそうですので、まだまだこんなものじゃないんでしょうね。

我が家のいちじく3品種、十分に朝食の食卓をにぎわせてくれていて大満足です!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

いちじく  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top