02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

抑制栽培5.5勝3敗! 

今日はひさ〜〜しぶりに雲のない青空の休日となりました!

だからと言ってどこに行くわけでもなく、しまう夏のフトンを干したり、仕事用の冬用の服を出したり、と1日中家にいました(笑)

不健全ですね〜。

でも庭で野菜見ながら日光浴してたので、人混みに出てストレス感じるよりも、精神衛生上はとてもよかったと思います。

さて、8月22日に発芽した、とうもろこしの「おおもの」ですが、見た感じも触った感じもだいぶ張ってきました。

img0087.jpg

9月の雄花の開花時にちょうど雨続きとなったので、どれぐらい受粉できているか、正直自信がありませんでしたが、この張り具合だと受粉できたものもありそうで、期待もふくらんできます。

どれどれ・・・

img0089.jpg

いけてた!

それでもやっぱり受粉できてなくて、実が入っていないものもあり、また虫に入り込まれていたものもありました。

img0090.jpg

こいつらいつも思うんですが、自分のクソにまみれて、なんとも思わないんですかね〜。

話がそれましたが、9株のとうもろこしで、収穫できたのがコチラ!

img0091.jpg

6本ですが、ひとつは半分ぐらいしか実が入っていなかったので、5、5本といったところでしょうか。

でも今回のことから、雨続きであっても受粉は十分可能
ということがわかりました。

ほとんど毎日のように雨が降っていた時期が、雄穂から花粉が出ていた時期と重なっていましたし、時にはゲリラ豪雨のように激しい雨の日もありましたから、そこで流れてしまうようなら、収穫までいかなかったと思います。

第一弾の失敗のように「雄穂と雌穂のタイミングが合わないと、さすがに収穫は無理」ですが、今回のように「雨なら十分収穫は可能」と言えそうです。

さて収穫の方に戻って、さっそく糖度を計ると、
さすが抑制栽培!

img0092.jpg

15度から18度でかなり甘いとされるとうもろこしで、この糖度は
「晩秋に採るとうもろこしは本当に甘い」
と書いてあった雑誌の記事通りの出来でした。

時間がたつとどんどん品質が低下するというとうもろこしですので、手早く料理して、遅い朝食に並べました。

オーソドックスに茹でたものを1本と、焼きとうもろこしに〜

img0093.jpg

居酒屋で食べて以来、これを作るために育てていたと言っても過言ではない
とうもろこしのかき揚げ〜!

img0100.jpg

でも衣の加減がうまくいかず、途中で厚くしたり、玉ねぎを混ぜたり、バラバラな出来です。

でも、塩で食べると、とうもろこしの甘さが引き立って、サイコーに美味しかったです!

今年のとうもろこし栽培、夏の失敗をなんとか取り返して終了〜です!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

とうもろこし  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

惨敗・・・。 

本日2本目のアップです!

晴れたり曇ったりで、相変わらずすっきり晴れませんでしたが、先週のことを思えばまだマシな1日でした。

午前中仕事で、帰宅したのが14時だったので、台風対策をしつつ、追肥などの作業をしました。

さて、7月18日に種を蒔いた、抑制栽培第1弾の「おおもの」

収穫、と言えるようなものではないですが、とりあえず今朝仕事に行く前に採って、朝ごはんに食べました。

IMG_73162.jpg

10株植えて、わずかこれだけ・・・。

惨敗としかいいようがありません。

茹でて美味しくいただいたのですが、なにせこれしか採れなかったので、ヨメは「おいしい〜!」と言ってくれたのですが、
すっかり気分はブルーです。

収穫までいけなかった理由はただ一つ。

どの株も、雌穂がなかなか出てこず、やっと出てきたときには、とうに雄穂は花粉を撒き散らしてて役に立たずで、受粉ができなかったことに他なりません。

途中、花粉が冷凍保存できるようだとアドバイスをいただき、実行しようとしたのですが、その翌日が雨で、できないまま終わってしまったのでした。

こうなったら、もう頼りは第2弾だけ!

IMG_73292.jpg

9株の成長度合いに見事に差がついているため、現在雄穂を出している株が、雌穂を出す頃に、小さい株のやつが雄穂を出してくれればバッチリ受粉できるのですが・・・。

なにせ、雄穂が出ている株の雌穂は今こんな感じです。

IMG_73302.jpg

まだまだヒゲがでていませんし、なにしろ週明けは台風の予報ですので、今雄穂が開こうとしているヤツの花粉は見込めません。

とうもろこしをちゃんと収穫しようと思ったら、20株ぐらいは育てないと、なかなか厳しいなというのが実感です。

今度こそ台風前には雄穂を切って、保存しておかないと!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

とうもろこし  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

おまえ達だけが頼りだぞ! 

9連休6日目〜。

台風は過ぎ去ったっていうのに、いったいどうなってんねん!
多治見は大雨警報まで出ちゃいましたよ〜。

結局、雨が止んでいたのは1時間ほどで、これではたいしたこともできず、写真撮ったり、降り続いた雨のダメージがなかったかチェックぐらいしかできませんでしたが、発芽したばかりの野菜が倒れてたり、ナメクジたちが活躍したらしく、葉っぱ喰われてるやつがあったりと、被害が出ているのを見つけて凹みました。

そこに追い討ちをかけたのが、受粉3週間がたったトウモロコシの「おおもの」です。

IMG_72772.jpg

一部混植していたインゲンを撤去したプランターがあるのですが、撤去していないプランターのもだいいたいこんな感じです。

今日、期待しつつ一部めくってみたのですが・・・

IMG_72802.jpg

こんなのとか

IMG_72812.jpg

で、覚悟していたとはいえ、目の当たりにすると、やはり辛いものがありますね。

下半分に実が入っていたとして、2本でやっと1本分の収量か〜。

受粉後3週間ということは、ヒゲもだいぶ茶色くなっていますし、もうそろそろ収穫時期のはずですから、今週末ぐらいに収穫するとしますか。

こういうデキだと、いつもなら収穫前にわくわくするんですが、そんな気分になりませんね〜。

一方、8月22日に発芽した抑制栽培第2弾の「おおもの」の現在の様子がコチラ。

花壇左側の5株と

IMG_72862.jpg

右側は少し狭いので4株

IMG_73042.jpg

同じ日に発芽したのに、成長度が違いすぎる〜!

小さい株の方が日照時間長いはずなのですが、どうしてこんなに違うんでしょう?

単純に弱い株だったっていうことでしょうかね・・・。

まあ、成長遅い奴がいた方が、雌穂が遅くでてきたときの受粉用、と考えることもできますけど、だいたい期待した通りにはならないんだよなあ。

そして、9株中、3株からは雄穂が出てきています!

IMG_73062.jpg

こんどこそ、ちゃ〜んと実のしっかりつまったトウモロコシ食べるぞ〜!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

とうもろこし  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

失敗の予感・・・。 

日中は30度を超えてかなり暑いものの、朝晩は一気に涼しくなりました!

鳴いてるのも、コオロギとか完全に秋の虫たちです。

今日も風が涼しくて、家の窓を開け放してゴロンと横になってると、幸せな気分になってきます。

そんな気分とウラハラに、とうもろこしのことを考えると気分はブルーになってきます。

10株植えているのですが、雄穂はどの株のもほとんど展開していて、もうすでに花粉を盛んに落としているんです。

IMG_69682.jpg

それなのに、雌穂が出ているのがわずか2株!

IMG_69672.jpg

これじゃ全然ダメです!

雌穂を出している分は、確実に収穫しなければなりませんから、人工授粉もしてみましたが・・・

IMG_69692.jpg

せめてあと4つ、全部で6本ぐらい収穫できなければ、効率が悪すぎます。

これもすべてインゲンの混植による日当たりの悪さが原因のような気がします。

失敗は自業自得とはいえ・・・う〜ん悔しい。

可能性としたら、あと2−3日で急激に雌穂が出てきてくれたら間に合うかもしれませんが・・・難しいだろうなあ・・・。

IMG_69892.jpg

この花粉、すべてムダか〜。取っておけたらいいのに・・・。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

とうもろこし  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

「おおもの」第2弾いけるか? 

昨日は三重県伊賀市に前乗りし、今日午前中の仕事をすませ、3時ぐらいに直帰しました。

こちらは台風は関係なかったのですが、ヨメが土曜日から千葉の実家に帰省していて、今日戻ってくる予定だったのですが、千葉に台風上陸ということで、戻ってくるのが明日に延期となり、もう1日羽を伸ばせることになりました(笑)さびしいです。

さて、7月18日に種を蒔き、21日の発芽から1か月たった、とうもろこしの「おおもの」。

いんげんと混植していますが、いんげんを同時に蒔いてしまったため、とうもろこしの頭上で葉を広げてしまい、日陰ができてしまっています。

プランターは、「とうもろこし2本の真ん中にいんげん2本」のパターンを2つと

IMG_68811.jpg

「とうもろこし3本といんげん2本を2箇所」のパターンが2つで、

IMG_68821.jpg

つまり全部でとうもろこし10本です。

できるだけ、影を作るインゲンの葉を後ろに回したり、とうもろこしの葉をインゲンの葉の上に出したり、日光を欲しがるとうもろこしを優先にはしているのですが、時間によっては影ができてしまいます。

種苗会社のHPには、大きな実を採るにはこまめな潅水が効果的とあるので、、水や肥料は切らさないようにしているんですが・・・。

そのため仕方がないことですが、背丈や、茎の太さに差ができてしまっています。

それでもまだ1mを超えたぐらいと、背は低いのにもかかわらず、雄穂が顔を出し始めました!

IMG_69071.jpg

まだ穂が開いていませんが、イネ科って感じの穂ですね。

株元も3本分枝しているものも多く、これなら簡単には倒れないだろうと思います。

以前はこの分枝したものを取ってしまう「除けつ」を行っていたようですが、今は株ががっちりするので取らないということで、栽培方法も変化していますね。

IMG_69001.jpg

一方、雌穂の方は、まだ姿を現したものは2本程度しかなく、受粉が間に合うかちょっと心配になってきます。

IMG_69081.jpg

こういう場合は、結果オーライで、成長に差があることがよかったりするんでしょうが・・・。

品種としては、種まき後88日=約3ヶ月で収穫、ということで、あと2ヶ月、10月20日ごろが予定日です。

そしてさらに、スイカを撤収した花壇にも「おおもの」の第2弾の種まきをし、今日発芽を確認しました!

IMG_69091.jpg

促成栽培とはいえ、今がギリギリの種まき時期でしょうから、無事に発芽してくれてよかったです。

こちらは混植せず(笑)10株で栽培し、11月20日ごろの収穫を目指します。

自分でやっておきながらこんなこと言うのもなんですが、そんな遅くに収穫できるんでしょうか。

何事も挑戦ということで、がんばってみましょう!

でも「おおもの」にならなくても、普通サイズぐらいのが採れるといいなあ・・・。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

とうもろこし  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top