04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

人工受粉! 

今日はヨメの実家がある、千葉県茂原市からアップです。

3日の出発前にタップリと水をやってきたのですが、この連休中すごくいい天気なので、
乾き切って枯れてしまった野菜がないか、
そろそろ心配になってきました。

自宅に戻るのは明日の夕方ぐらいの予定です。

明日の午後は雨が降る予報なのですが・・・。

まあ来てしまったもの、今更どうしようもないのですが、無事に生き延びてくれることを祈ります。

さて、その3日の出発する日の朝のことです。

4つのプランターに8株展開しているズッキーニたち。

20170505125914478.jpg

4月10日に定植したんですが、初めて雄花と雌花が咲き揃いました!

2017050512591523a.jpg

上の花が雌花で、下に丸い実がついているのが見えるでしょうか。

丸ズッキーニの「ピアチェンツァ」です。

これまでも2つぐらい花は咲いていたのですが、雄花と雌花別々で咲いていたので、徒花になっていました。

早速人工受粉です。


下の雄花を切り取って花びらを折り返して雄しべをむき出しにし、雌しべにつけます。

201705051259124ab.jpg

チョンチョンチョンと・・・。

ちゃんと受粉できたハズ!

無事に結実してたら、明日帰宅した時にふくらんだ実が見られるでしょう。

今年の初収穫、できるかな〜?

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

ズッキーニ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

定植しました! 

3月5日にポットにタネをまいて、部屋に設置したビニールハウスで保温育苗してきたズッキーニたち。

img0664.jpg

本葉4−5枚で定植、となるはずでしたが、先週忙しくてなかなかできない間に、ちょっと成長しすぎた感があります。

img0678.jpg

これなんか本葉7−8枚が展開していて、表面から根が出てきちゃっています。

おまけにもう蕾まで〜!

↓写真を2回クリックしていただくと、大きい画像になりますよん♪
img0679.jpg

ポットを外しても根っこがだいぶ回っていました。

ということは育苗期間は、
タネを蒔いてから3週間が適期、ということになりそうですね〜。

この苗たちを、こんな感じで4つのプランターに、丸ズッキーニの「ピアチェンツァ」を4株、「ストリアート」2株、「ダイナー」2株の8株で植え付けます。

img0680.jpg

ちょっと双葉が黄色くなっているものもありますが・・・

とりあえずプランターに元肥を施して、植え付けして作業完了!

朝晩の気温がまだまだ一桁の日が多いので、保温カバーをかけておきます。

img0710.jpg

今までの育て方が悪いのか、ズッキーニって割と栽培期間が短い野菜という印象があります。

後半は人工授粉しても実が大きくならなかったりとか・・・。

今年は5月に入ったら、直播きで第2弾もいくつもりですし、
ズッキーニたちを心ゆくまで味わいたいと思ってま〜す!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

ズッキーニ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

本葉が出だした! 

春のセンバツに21世紀枠で出場した、岐阜県立多治見高校。

まだ多治見に住み始めて5年なので、それほど思い入れはありませんでした。

だいたいどこにあるかも知らず、出場が決まってからどこにあるのか検索して知ったぐらいなので(笑)

しかし、報徳には勝てないだろうとは思ってましたが、
まさか21点も取られて負けるとは!

21世紀枠での史上最多失点だそうで、
ある意味名前を残したと言えるでしょうが、う〜ん・・・。

もう21世紀枠なんて止めればいいのにと思っています。

さて、3月4日に10ポットにタネを蒔いたズッキーニ3品種ですが、2ポット発芽しなかったものの、あとは順調に育っています。

今回育苗するにあたって、
一番の目標が「徒長させないこと」です。

これまで苗作りが苦手で、徒長させないように気をつけていても、あっという間に徒長してしまう、というのが今までのパターンでした。

その原因は「夜間の水やり」だと思っていたのですが、いろいろ調べたら、どうもそうではないとわかってきました。

参考になったのはタキイのサイトの「山田式家庭菜園教室」のページです。

これによると、徒長の原因は、

1、密植による株同士の競い合い・・・ふんふん、これは知ってたぞ。

2、高温と加湿・・・これが夜間の水やりによる徒長につながるんじゃあ?

ところが、「同じ量の水やりをしても、夜温を低く管理すると、徒長は起こらない」んだそうです。

しかも、「水やりを控えて徒長を防ぐことは(中略)よい素質の苗にならない」!!

無知というのはまったく怖ろしいもので・・・。

そういえば「生兵法は怪我の元」なんてことばもありましたね(笑)

というわけで、
昼25度前後、夜15−18度の温度管理が目標となりました。

夜は部屋に設置したミニ温室、昼はプランターにセットしたプラスチックのドームで育苗しています。

img0574.jpg

風が強いので、飛ばないように重石をのっけています(笑)

これでいくと、夜間は10度ぐらいに下がることもあるものの、まずまず目標通りにいっています。

そして今の様子がこちら!

img0603.jpg

やった!

徒長せずにここまで成長しています!

そして本葉が顔を出し始めています。

img0602.jpg

このまま育苗を続け、本葉4−5枚で定植する予定です。

せっかくいいスタートが切れたので、この8ポット、収穫までがんばるぞ〜!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

ズッキーニ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

種をまきました! 

この週末は4月上旬並みの気温ということで、庭にいてもかなり気持ちよかったです。

なので、すでに収穫のすんでいた冬野菜のプランターに、牡蠣殻石灰や堆肥を入れて、春の種まきに備え準備をしました。

そして昨日ですが、ナス、唐辛子に次いで、
ズッキーニの種まきをしました!

去年は6月に外壁塗装をしたため、庭に足場を組んだ関係で栽培スペースが減り、
ズッキーニは泣く泣く断念していました。

ズッキーニって自分の中では上位に来るぐらい好きな野菜なんですが、いかんせん葉を大きく広げるので場所を必要とします。

去年はそれがネックとなってあきらめたんです。

ですので、去年の分も取り返すつもりで、
今年は我が家の強化指定選手です!

というわけで、まずは早生の3品種!

img0528.jpg

左から丸型のピアチェンツァ、イタリアでポピュラーなストライプ、タキイのダイナー、とバリエーションに変化をもたせました。

9cmポットに各3粒ずつ播いて、先日のビニルハウスもどきに入れました。

img0529.jpg

ズッキーニは今までは、4月の直播き栽培しかしたことがなく、ポットでの保温育苗は初めてです。

でもこれがうまくいけば、5月の収穫も可能ですから、まだ夏野菜が採れる前のスナップえんどうしかない時期に、貴重な収穫となること間違いなしです。

目論見通りうまくいくといいなあ〜。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

ズッキーニ  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

初収穫! 

5日前に人工授粉したズッキーニ「ボロネーゼ」

着実に肥大しましたので、初収穫となりました!

00000582.jpg

早速、晩ご飯(そういえば最近「夜ご飯」などと言いますが、この言葉に激しく違和感を覚えるのですが、古いんでしょうね。そんな言葉辞書にもないんですが。)にパスタを作り、一緒に食べましたが、美味でした!

結実したかは別として、花を咲かせた蕾の下葉はすべて切り取り、ウリ科の大敵であるうどん粉病予防に努めます。

00000576.jpg

少しずつどの鉢も蕾が大きくなってきて、収穫モードに入る直前かな。

明日あたり一気に咲きそうですね〜。

00000577.jpg

こちらは「ハイブリッド」ですが、10号鉢がかなり小さく見えるようになりました。

庭の通路に置いてるのですが、横をすり抜けるのが大変になってきました。

そういえば最近、またウリハムシの姿を見るようになってきました。

それとともにカメムシとスカシバまで!

毎朝それを探すところから始まります・・・。なんとかならんもんかな〜。

テーマ: ベランダ菜園&プランター菜園

ジャンル: 趣味・実用

ズッキーニ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top