02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

秋姫咲いちゃった・・・。 

無駄な抵抗と知りつつ、延ばし延ばしにしていたのですが、
ついに「遠近両用メガネ」を作ってしまいました。

今までは、スマホや書類などを読むときは、わざわざメガネを外して見るという、オジイサマがたがよくやられている一手間をかけていたのです。

でも、手元を見る→遠くを見る→手元を見る、という作業が増えてきて、あまりに煩わしく感じたので、いちいちかけたり外したりしなくて済むようになれば、ということで作ることにしたわけです。

で、今日取りに行ったのですが、レンズのどこでどう見たら一番よく見えるか、
慣れるまでけっこうたいへん!

おまけに横の視界はけっこうゆがむし。

こりゃ〜しばらくいろいろイラっとしそうです。

慣れないまま、かけるのやめてしまいそうな気もしてきました。

さて、今日の作業はペンキ塗りから!

すももエリアの背面の、車庫の壁面にトタンがあるのですが、上の鉄の部分から錆びた水が流れて汚くなっています。

そこを、昨年外壁塗装した際に、業者が余ったペンキを置いて行ったものがあるので、塗ってみました。

img0604.jpg

右は塗りかけですが、これだけ色が違うと、トタンでも雰囲気が変わっていい感じです。

そして今日は、そのすももが
今年の果樹の初開花!

img0605.jpg

おととしの冬に我が家にやってきた「秋姫」です!

大玉かつ甘い品種ということで、今年は初生りを期待しているのですが、
この品種は受粉樹が必要です。

しかし、まだ開花したのは「秋姫」だけ。

受粉樹の「ソルダム」と「サンタローザ」は
(この3品種はお互いの受粉樹になります。つまり三角関係ってやつ - 笑)
咲くのがもう少し先になりそうな気配。

img0621.jpg

「ソルダム」はこんなにいっぱい蕾をつけていますが・・・

img0606.jpg

まだ数日先でしょうね〜。

「サンタローザ」も同じような感じで、「ソルダム」とはタイミングが合いそうですが。

受粉樹が必要なヤツは、こういうのが困りますね〜。

ず〜っと収穫を楽しみに1年育てて、開花のタイミングが数日ずれると実がならないなんて
恨めしすぎ〜!

と、思って新規導入した「トパーズ」「ジュピター」「彩の姫」は、今年はまだ樹づくりの年なので、収穫は来年です。

でも葉の展開は始まりました!

「ジュピター」と

img0608.jpg

「彩の姫」

img0607.jpg

img0622.jpg

今まで枝だけだった果樹達ですが、いよいよにぎやかになってきました!

まだ見かける虫はハエかクモぐらいなものですが、そろそろハチたちも動きだして欲しいですね。

すももの次には・・・ 

じゃん!

img0624.jpg

だいぶ蕾が膨らんできている桃たちが控えていますよ〜。

img0616.jpg

今年は自分の周りを咲いた鉢で囲んで、
庭でビール飲みながら花見だ〜!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

スモモ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

性懲りも無く・・・。 

しかし寒いですね〜。

あと1週間で4月ですよ!

なのに、明日の朝の予報はマイナス2度!

まじカンベンして欲しいです。

そろそろ豆類の種まきとかしたいんですが、これじゃあ蒔いても発芽しなさそうだし、発芽したとしても夜間の気温の低さで枯れてしまいそうだし・・・。

もう1週様子見かな〜。

さて、

それはおいといて。

またやってしまいました。

先日、「せとか」「タロッコ」の植え替えをしたところですが、これに「石地温州」を併せて3本態勢だったはずなのに・・・。

一気に倍以上の7本になってしまいました(笑)

img0587.jpg

新しく仲間入りしたのは、左から「南柑20号」「木頭ゆず」「西南のひかり」「モロ」で〜す!

なかなかがっしりしたいい苗木が届きました!

ヨメの「ふ〜ん、また買ったんだ〜」という
抑揚のないコメントを背中で聞きながら、黙々と植え付け作業をします。

この前までは「え!また買ったの!」って、声に気持ちが入ってたんですけどね。

もうそれすらなくなってしまったようです・・・。

許せ、ヨメよ!あなたのダンナは病気やねん!

というわけで(笑)

img0588.jpg

根っこをほぐして、できるだけ鉢の中で広げてやり、4株とも10号鉢に植え付けて土をかぶせていきます。

そうして完成したのがこちら!

img0589.jpg

今回の苗木はブラッドオレンジの「モロ」だけが1年生で、残りは全部2年生でした。

こうして比べると、葉の緑は新加入たちのほうが緑が濃いですが、株の大きさの違いは一目瞭然です。

なにせ「せとか」や「タロッコ」は4年生ですから無理もありませんが。

明日の朝の氷点下が心配ですが、枯らさないように頑張らねば!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

柑橘  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

せとか収穫&柑橘植え替え 

ちょうど1週間ぶりの更新となってしまいました。

9−11日は、ヨメの診察に倉敷へ行って、ついでに広島観光へ。

お好み焼きとカキを堪能してきましたよ〜♪

IMG_0581.jpg

広島市「酒呑童子」のカキバター!

img0571.jpg

カキフライ〜!

img0570.jpg

宮島の「はやしや」の焼きガキ〜!

img0569.jpg

カキメシ〜!

IMG_0595.jpg

広島市「八昌」のお好み焼き〜!

IMG_0576.jpg

小イワシの刺身〜!

他にも名物のアナゴやら「がんす」やら食べまくり飲みまくりで、
当然のことながら肥えました(笑)

でも1キロだけだったので、ほっと一安心。

そして戻ってきて、12は用事が山積みで、昨日の13日は就職が決まった昔の教え子のお祝いに飲みに行っており、ネットできませんでした〜。

そして今日は有給取ったので、ようやく庭仕事ができ、ブログの更新という1週間でした。

で、今日の庭仕事ですが、気温も高くなってきたので、もうそろそろ防寒はしなくてもいいかな、と柑橘たちの不織布を外し、
柑橘たちと久々のご対面〜!

「せとか」は晩生なので、やっと待ちわびた収穫です!

img0543.jpg

でも、柑橘にはわが多治見の寒さはかなり厳しく
枯れ上がった葉もあり、ちょっと痛々しいです・・・。

img0542.jpg

収穫したのは11個。

img0544.jpg

スーパーで売ってるのはオレンジぐらいの大きさなのですが、うちのは実が大きくなりにくい鉢栽培ですし、みかん並みの大きさです。

気になる糖度はというと・・・

IMG_0605.jpg

せとかの品種としての糖度が12−14度なので、
この数字なら上出来でしょう!

なかにはスが入ってしまったものもありましたが、わりかしきれいな実で、果汁もたっぷりで味も濃かったです。

あとはもう少し大きさがあれば、言うことないんですが。

まあそれはまた来年の課題ですね。

この後、「せとか」には増し土をし、傷んだ葉を取ったあとで軽く剪定をしておきました。

そして、お次はマーマレードを楽しませてくれた、ブラッドオレンジ「タロッコ」を植え替えします。

img0541.jpg

左が「タロッコ」ですが、10号鉢では今後さらに収量を増やそうと思うと、ちょっと土量が少ないと思うので、「せとか」と同じ13号鉢に植え替えることにしました。

まずは10号鉢から株を抜きます。

img0545.jpg

これだけ鉢の大きさが違います。

img0546.jpg

根詰まりまではしていませんが、けっこう根が回っていていい感じです。

こいつを13号鉢に移して、と。

img0547.jpg

間に堆肥を混ぜ込んだ土を入れて作業終了です。

img0554.jpg

来月になれば新しい葉が出て、5月には花が咲き始めます。

今年はもっと収穫できるといいなあ。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

柑橘  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

動きはじめました! 

今日は3月3日、ひなまつりですね〜!

でも桃の節句は、本来旧暦ですので、4月のはずですよね。

「桃の花」はこんな時期まだ咲きませんからね。

新暦、旧暦ごっちゃになってますから、季節感のズレたことになっちゃってるんですよね。

お正月でも1月1日をありがたがるのは日本だけ、他のアジアの国は中国、韓国、ベトナム、カンボジア、インドネシアなどなどみんな旧暦の旧正月ですよね。

日本人であることに誇りはもっていますが、伝統的なことはもう少し重んじてもいいのかな、と思ったりもします。

おっとっと、そんな話がしたいのではなくて、今日はうちの落葉果樹の中で、すももが真っ先に動きはじめましたよ〜という話です。

まずは我が家のすももたちをご覧ください!

img0522.jpg

左から、「サンタローザ」「秋姫」「トパーズ」「ソルダム」です。

一番古くからいる「ソルダム」は樹も成熟し、蕾もいい感じの「花束状短果枝」がいたるところについています。

img0502.jpg

そして中にはこんな感じで、下の色が見えてきているものがあります!

img0490.jpg

花を咲かせるというのは、樹にとって、かなりのエネルギーを必要とすることだそうで、いい実を生らせるためには、花数も減らさなければいけないんだそうですが、すももの花が満開に咲いてる様子は、なかなか見ごたえがありますので、蕾の間引きはしたことがありません。

また、こちらは今年の冬に導入した2株、「ジュピター」と「彩の姫(さいのひめ)」です。

img0525.jpg

この2株は、今年の収穫はまだ無理ですから、今年は枝に充実に力を入れます。

こちらも葉芽が動き出しているので、萌芽しないことはないな、ととりあえず一安心できました。

img0523.jpg

このまま発芽せずに、枯れてしまったらどうしよう、っていうのは、この時期一番考えることです。

実際去年だったか一昨年だったか、「富有柿」は芽が出ないまま、枯れてしまったことがありましたからね〜。

でも去年、たまたま(笑)収穫できたすももの、あまりの美味しさに、今年こそはたくさん収穫するぞ!と思って育てていますからね。

絶対おいしいすもも食べてやる!

というわけで、黒斑病対策として、Zボルドーという薬剤を散布しておきました。

去年は「ソルダム」と「トパーズ」が、けっこうやられちゃいましたからね〜。

今年は病気になんて負けないぞ!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

スモモ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

2月になりましたが。 

今月初更新です。

ネタが減ってきたこともありますが、しなきゃいけないことが多くて、なかなかネットする時間が取れません。

しなきゃいけないことの中には、「残業」のほかにも「飲みに行く」とか「本を読む」なんてこともあり、必死に何かをやってたというわけではないので、
要するに怠けてるだけなんですけどね・・・。

そして怠けてたせいで、やらなきゃいけない作業をほったらかしにしてたことがひとつ。

それが昨日ようやく手をつけた「柿の剪定」です。

「甘百匁」と「筆柿」は昨年植え替えたし、「興津20号」「花御所」は昨年植えつけたばかりなので、もう1年植え替えしなくてもいいかなあ、と思ってたら、なかなか作業をする気になれなかったんですよね〜。

でも、どうにか重い腰を上げて、鉢から株を抜いてみましたが、
やはりそんなに根が回っている感じではありません
でした。


で、根は切らず、少し古土を落とし、堆肥と牡蠣殻石灰を混ぜたものを、鉢にできた空間に埋めるだけにしました。

その後メインの剪定です。

まずは昨年初収穫でき、甘みが薄い感じはあったものの、今年も期待の「甘百匁」から。

img0416.jpg

いい感じに枝を伸ばしてくれていますが、このままだと枝数が多すぎます。

img0417.jpg

そこで、細すぎる枝や、内側に向かって生えている枝、真上に向かって伸びている枝を中心に剪定し、枝数を減らします。

ただまだ果樹の栽培を始めて3−4年ほどですので、どれを切ればいいのかなかなかわからず、
いつもドキドキしながら剪定しています(笑)

よく映画にある、爆弾についてる赤と黒のコードのうち、正しい線を切らないと爆発する、みたいな感じです。

いや大げさじゃなくマジです。

また、柿は厄介なことに葉芽と花芽の区別がつかず、しかも花芽は枝の先端の方にできるので、先端を切り詰めすぎないようにしなければいけません。

これを失敗すると今年1年がムダになってしまう、ということですからね。

そりゃ緊張もします。

img0418.jpg

剪定したところは、枯れ込み防止のために「トップジンペースト」を塗りましたから、わかりやすいですよね。

お次は、甘い実を堪能させてくれた「筆柿」です。

img0419.jpg

こちらもなかなかな成長ぶりで、今年も期待してますが、このままだと主枝も長すぎますね〜。

img0420.jpg

先ほどと同様に剪定していきます。

img0421.jpg

まだちょっと主枝が長いかな。

とりあえずこれで作業終了としておきます。

今回の剪定がうまくいったかどうかは、
春に花が咲く頃にわかります

さ〜てどうなるでしょうかね。

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top