04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

開花しました! 

昨日までの寒いぐらいの風が吹いていた天気と打って変わって、夏の空気になりました。

明日あさっての予報は、最高気温30度!

ですから、皆様も熱中症にならないよう、お気をつけください!

そんな暑さにつられてか、キウイフルーツが開花しました!

それも嬉しいことに、オスメスそろっての開花です!

去年は、オスが早く咲きすぎたので、雄花を冷凍保存するなどして人工受粉したのですが、今年はそんなことをせずともちゃんと日程が合いました!

オス木の「孫悟空」と・・・

IMG_0722.jpg

メスの「アップルキウイ」です。

IMG_0720.jpg

朝6時半には、花粉目当ての蜂たちがブンブン言いながら花と花の間を忙しく飛び回っています。

一応今年も人工受粉はしていますが、蜂の後でも
花粉残ってるんでしょうかね〜。

いずれにせよ、まともに結実したら、摘果しなければならないほどいい感じで咲きましたから、ちゃんと実になるに違いないと信じています!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

キウイフルーツ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

摘果・・・発病・・・ 

実がだいぶふくらんできましたので、摘果しました〜。

桃はけっこう結実しやすいので、摘果しないと養分が分散してしまい、いい実が採れなくなってしまいます。

ただ、摘果しすぎても、6月に生理落下する可能性がありますから、なくなってしまわないように気持ち多めに残しておきます。

去年収穫した実が、本当に甘くて美味しかった「紅清水白桃」

img0924.jpg

今年初なりの期待がかかる「白麗」

img0925.jpg

数はそんなに多くないのですが、けっこう期待できそうな膨らみ方です。

img0928.jpg

今の段階で実に大小出ていますので、小さいもの、上向きになっているものを中心に摘果していきます。

これが・・・

img0926.jpg

こうなります。

img0927.jpg

最終的には1枝1果にしていきますが、まだどちらの実がいいか判断つきにくいものは、もう少し樹上において様子みます。

いちばんたくさん実をつけていたのは、晩生の「桃水」です。

img0923.jpg

さて、どれを摘果しようかな〜と思って発見してしまいました!

真ん中の方の何枚かの葉に、茶色い丸がありますよね。

「穿孔細菌病」です!

この茶色い部分が、くり抜かれたように落ちて穴が開き、それが広がって葉が落ちてしまいます。

春に風の強いところで罹りやすいのですが、今年は早い段階から防除に努めていたんですけどね〜。

4月は、アグリマイシン→マイコシールド→マイコシールド→バリダシンと毎週散布したんです。

でも発病してしましました・・・。

う〜ん。

これ以上広がらないように、再度マイコシールドを散布しておきましたが、どうなるでしょう。

病気に負けるな!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

明暗くっきり・・・。 

昨晩の本降りの雨に続き、今日も夕方から短時間でしたが雨でした。

土曜日も雨だっていうし、快晴って感じの日がなかなか続きません。

あんまり雨が多いと、心配になってくるのが病気です。

せっかく育ててるんですから、病気にならないでほしいと思うのは当たり前のことなんですが、見事にそんな望みを打ち砕いてくれるんですよね〜。

というわけで、雨が原因かはわからないのですが、
ちょっと不調でがっかりしている柿の様子です。

特に今年2年目の、初収穫の期待がかかっていた2本がそろって
ヤバい感じ
なんです。

それがこの「興津20号」と・・・

img0861.jpg

葉に黒い斑点が出てます。

img0862.jpg

まったく芽が出ない「花御所」です。

img0863.jpg

ショックです・・・。

果樹が不調だと、一本1500円とか2000円とかしたのがフイになってしまうのもそうですが、
何と言ってもそれまで育てた何年間かがムダになってしまうのがツラいです。

一方、昨年初収穫し、3年目を迎える2品種は、今年も順調に来ています。

「甘百匁」と

img0855.jpg

「筆柿」です

img0856.jpg

去年咲かなかった雄花も、今年は蕾がついているのを確認しました。

img0858.jpg

この3つつながっているつぼみが雄花なんですよね。

雌花は1つずつ蕾がつくんですが、今年ももたくさんついてくれています。

img0857.jpg

果樹はならせすぎると、隔年結果が起きるので、そうならないように途中で摘果したのが効いたようです。

日曜日に、病気予防のためにジマンダイセンを散布しておいたのですが、
これだけ雨が続くなら正解だったようです。

不調の二株、なんとか復活して安心させてくれ〜!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

まさか今年も? 

今日は明日からの連休を前に、同僚と軽く飲みに行ったんですが、
風が冷たくて寒い〜!

G.W.ってこんなに寒かったでしたっけ?

シャツ1枚ではガマンできないので、ジャケットを着たりしてたのですが、野菜たちはそういうわけにはいきませんからね〜。

朝晩の寒さに負けず、なんとか順調に育ってほしいものです。

さて今日は、新葉がかなり増えてきたぶどうたちの今の様子です。

一番旺盛な成長ぶりを見せているのが、この「藤稔」です。

img0804.jpg

そして「選抜高妻」に・・・

img0805.jpg

それから「オリエンタルスター」の
黒ぶどう3株がそろってトップ3です。

img0808.jpg

この3本は、もう花穂もかなりはっきり成長しています。

img0829.jpg

数も多くついていて、夏の収穫がすでに楽しみです。

img0830.jpg

一方、我が家唯一の赤ぶどう「シナノスマイル」はまだ花穂が見えていませんでした。

img0833.jpg

去年甘い実を堪能した白ぶどうの「ネヘレスコール」もまだです。

img0802.jpg

あんまり花穂が見えないと、実がなるのか心配になってきますが、
中でも今一番の心配はコイツ、
「シャインマスカット」です。

img0803.jpg

今年3年目なのですが、初収穫を期待していた去年も花穂すら出ず、そして今年もまだ花穂らしきものすら見えません。

なんでかな〜。

他のぶどうたちと同じ管理方法なんですが・・・。

ネットで調べると、チッソ成分の多い肥料を与えすぎると葉ばかり繁って実がつかない、という記事が散見されましたが、それにしても、という感じです。

う〜ん、去年の記録と比較すると、野菜たち同様1週間ぐらい成長が遅いようですので、もう少し様子を見てみますが・・・。

赤と白の3株、早く安心させてくれ〜!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

ぶどう  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

いい感じで5月へ! 

初夏の日差しに気温も上昇し、
25度まで上がった今日の多治見。

庭にいても、久しぶりの暑さに熱中症になりそうで、水筒に冷たいお茶を入れて庭作業してました。

こんなにいい天気なのに、ヨメはまだゲホゲホしてて、もう丸1週間風邪引きのまんまです。

というわけで、どこにもいけないものですから、
庭仕事がはかどるはかどる(笑)

さて今日は新緑がまぶしい、すももの様子です!

3週間前の4月9日はこんな感じで満開だった「ソルダム」と「サンタローザ」

img0696.jpg

それが今ではこんなに葉が出ています。

img0809.jpg

導入したばかりで、今年は来年結実するための力をつける1年となる左「彩の姫」、右「ジュピター」も、旺盛に葉をつけています。

例年風が強いと罹りやすい黒斑病、桃で言うところの「穿孔細菌病」という厄介な病気に悩まされていたのですが、
今年は防除がうまくいったのか、いまのところは病班は見られません。

今月は3週間前から毎週アグリマイシン→マイコシールド→マイコシールド(2週連続)と散布しているのが功を奏しているようです。

枯れた花も落ち、結実した実の姿もはっきり見られるようになってきました。

img0827.jpg

img0826.jpg

もちろんこれだけの実が大きくなることはなく、途中でどんどん落果していきますし、万一たくさん生っても、
葉っぱ20枚ぐらいで1果程度に摘果する必要があります。

img0828.jpg

こういう下向きについた実が楽果しないでくれると、いい実になります。

収穫時期は、サンタローザが7月末、ソルダムが8月上旬です。

よく冷えた、甘〜い果汁がしたたるすももが
食べられますように!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

スモモ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top