04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

購入苗定植〜。 

今日からやっとの連休〜ということで、東京のおば、千葉のヨメの実家と、お約束のパターンです。

にもかかわらず、ネットで購入してあった苗が1日の晩に届いてしまったので、
昨日の出勤前に5時起きで定植しました。

ナスは去年非常に好調だった「筑陽」を今年も同じ苗屋から購入しました!

20170503165307f01.jpg

ここのウリは「断根接木苗」とのことですが、ほんとに元気で収穫量も多かったので、昨年の6株から8株に増やしました。

もう花も咲いている苗があったのですが、株の充実のために一番花は摘み取ります。

201705031653082ef.jpg

さ〜て、庭にナスの展開が始まり、いよいよ夏!ですね〜。

まだ寒いけど・・・。
なす  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

タネをまきました! 

今日も風は強かったものの、なかなかいい家庭菜園日和でした。

さて先日、庭木を伐採した記事をアップしましたが、今週のなかばに
フェンスができあがりました!

img0497.jpg

160センチの高さで、日差しもよくなりましたし、庭木がなくなったおかげで1m近く庭が広くなり20万円かかったものの、大満足です!

庭も広くなり、プランターを置けるスペースも広くなったので、今年は夏野菜のタネからの育苗に挑戦するつもりで、いくつか機材を購入しました。

まずはこれが無くては始まらない、ビニールハウス!

通販で買って、組み立てていくと・・・

IMG_0517.jpg

あれ?思ってたよりデカイ・・・

IMG_0518.jpg

背も高いし・・・

IMG_0519.jpg

6畳間に置くには邪魔〜!

3月いっぱいは部屋に置いて育苗し、4月に外に出して5月の定植までこの中で育てて、と考えていたのですが、
もう一回り小さい方がよかったなあ。

ビニールハウスの大きさは誤算でしたが、ここにパネルヒーターを設置します。

img0511.jpg

これも通販ですが、もともとは包装の写真を見ていただくとおわかりのように、ペット用に売られていたものです。

25−45度の範囲で自由に設定が可能、設定温度まで上がると自動的に保温になる、というのがウリです。

ナスだと日中30度、夜温20度ぐらいが徒長せず成長するのに適温とのことなので、しばらく試しながらやってみたいと思います。

と、ここまで長い前説でしたが、ここからが今日の種まきです。

イタリア茄子の「prosperosa」を蒔きます!

img0488.jpg

おととしまで「violetta di Firenze」というナスを育てていたのですが、あまりの人気で種が手に入らず、名前が違うだけで、ほぼ同じと思われるこのナスにしました。

メーカーの商標の関係でしょうか、
同じトスカーナ地方のナスで、形も色もいっしょ
ですから、まあ間違いないでしょう。

種袋の裏書はこちらです。

img0487.jpg

650粒も入っているので、有効期限が来年までありますが、間違いなく余ります。

というわけで・・・
欲しい方、お分けしますよ〜!メッセージください!

えっと、話は戻って、1箇所に2粒蒔いて・・・

img0489.jpg

嫌光性のナスですから、少し厚めに土をかぶせて、セルトレイで上から押さえ、水をかけて作業終了!

img0496.jpg

先ほどのビニールハウスの中に入れて、プチプチを置いたパネルヒーターの上にセットします。

IMG_0557.jpg

ハウスの中は25度ぐらい。

今年は、ナスは去年育ててすごくたくさん採れた「筑陽」の接木苗を8株、5月GWぐらいに着くよう注文してあるので、それにプラスしての栽培です。

ですので、セル12穴にタネを蒔きましたが、2−4株がちゃんと育ってくれれば十分です。

茄子の育苗、がんばります!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

なす  /  tb: 0  /  cm: 8  /  △top

ついに撤去! 

今日は午前中、愛知県岡崎市で仕事だったのですが、すごいいい天気で暖かく、1日雨が降っていた昨日と反対ならよかったのに〜と思いながらの仕事ゆえ、
まったく気合入らず

とっとと高速飛ばして帰ってきました(笑)

うちに着いてソッコー着替えて庭に出てしたことは「なすの撤去」!

まだまだ実はついていたので、いくつか収穫できるかな〜、これ収穫したら撤去しよう、とか思っていたのですが。

img0175.jpg

秋冬野菜の日当たりを確保するために、だんだん隅へ隅へと追いやられていたので、そのせいでさすがに実が大きくなることはありませんでした。

なんかかじられてる実もあったり、葉っぱももう限界です、って感じなので。

img0174.jpg

残っていた3株でちびナスが10個で終了です。

img0178.jpg

でもほんっと今年のナスは大成功!で、10月までプランター3つで延々食べ続けられました。

また、更新剪定したのが2株、しなかったのが4株だったのですが、しなかったほうがいつまでも元気で生り続けていたので、
来年からは更新剪定止めます

これは新しい、そして嬉しい発見でした。

また来年!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

なす  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

縮小開始〜。 

やっぱり台風来るみたいですね〜。

今日も結局2時間ほど晴れただけで、あとはずっと曇っていました。

明日も曇りの予報ですが、明日は午前中仕事なんですよね〜。

やりたかった作業が遅れ気味で、ちょっと不満です。

さて、そんな中夏野菜のナスが、実の肥大するスピードはかなり遅くなっているものの、相変わらずの収穫をもたらしてくれるので、野菜高騰の折り、すごい助かっています。

だってだって、こんなんとか〜

IMG_69702.jpg

こんなんですよ〜!

IMG_72182.jpg

↓そして、今日は11本も採れました〜!

IMG_73492.jpg

なかなかいいツヤしてますでしょ?

一時悩まされていたオンシツコナジラミやチャノホコリダニも、苦手とする雨つづきのためか、気温が下がったせいか、ここのところだいぶ少なくなったので、お尻が汚くなる実もだいぶ減りました。

全体像ではこんな感じなのですが・・・

IMG_71872.jpg

6株を3つのプランターで育てているうち、真ん中の更新剪定をした株がいちばん樹勢が弱く、ボケナスがついたりしているため、このプランターの2株は本日撤収いたしました。

長い間おつかれさまでした!

つまり、結局は更新剪定しなかった4株が、肥料が切れないように絶えず追肥していたものの、収穫が途切れずに生り続けていたことになります。

まだまだ採れそうなので、名残惜しいのですが、いかんせんリミットが迫ってきています。

ナスの場所は、ニンニクのプランターの置き場所になる予定なので、植え付けを15日ぐらいで考えてますから、粘ってもニンニクが発芽する22日まで、ということになります。

あと3週間、どれだけの収穫をもたらしてくれるか、楽しみにしています!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

なす  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

秋茄子、収穫開始! 

♪写真をクリックすると大きくなります(横のは2回クリックでさらに大きく!)ので、よかったらぜひ♪


本日2本目のアップは、絶好調の茄子達の様子です。

まずは8月1日に更新剪定をした茄子の初収穫、じゃじゃん!

IMG_69182.jpg

どうです?なかなかキレイなのが採れましたよ〜!

しかもガンガン実をつけていて、勢いがあります。

IMG_69192.jpg

そして今回は、更新剪定していない株も、土に空気穴をたくさん開けたせいか、絶好調なんです〜。

IMG_69162.jpg

更新剪定した1本をのぞき、しなかった3株で今日は9本も採れました〜。

しかもどれもツヤツヤのピカピカで柔らかいです!

IMG_69292.jpg

じゃあ更新剪定する必要ないやん!という声もあるでしょう。

実際、2本仕立てで、収穫した茄子の上の枝を剪定していく、更新剪定なしのやり方が雑誌にも載っていますし、それだと更新剪定して収穫できない期間がないのでトータルでは収量も多い、ということです。

どっちがいいかというと、答えは・・・まあ気分でいいんじゃないでしょうか(笑)

更新剪定する場合は3本仕立てでスタートしますが、その分初期の収量が多いですし、少ない株数(今年は6株)で育てなければならないウチのような庭栽培だとありがたいです。

そして樹勢の落ちたものを、時期をずらして更新剪定していけば、収量の落ち込みは最低限ですみます。

そして1か月で今回ほど樹勢を回復できれば、十分ではないでしょうか。

今回は剪定しなかった株も、どうしたことか樹勢がまったく衰えなかった、という幸運にも恵まれましたが・・・。

なにせ、背の高さも、目線に合わせて撮った写真だと、これぐらいの見上げる感じになります。

IMG_69172.jpg

今回、剪定なしでこれだけうまくいった要因は、元の苗がよかったこともあるでしょうが

1、肥料を切らさず、途中化成肥料だけでなく、液肥やようりんなども追加したこと
2、空気穴を開けたこと
3、土量が減った時に、土を追加したこと
4、葉水をかけて、チャノホコリダニの被害を出さないようにしたこと

が考えられます。

来年も同じやり方で成功した時、効果的な育成方法が身についたことになりますので、来年も試してみます。

とにかく我が家の茄子「黒陽」「筑陽」、絶好調です!

テーマ: 家庭菜園

ジャンル: 趣味・実用

なす  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top